FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2011/08«│ 2011/09| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2011/10
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
15:50:22
BSAF1_20110908135438.jpg

Brandeaux Student Accomodation FundとFTSE100を比較した資料を入手しました。

上記の表は、2000年の9月から11年間にFTSE100に投資をした場合とBrandeauxに投資をした場合に、どのような結果になったのかを表しております。

FTSE100の場合にはトータルで15.55%、Brandeauxの場合には171.15%のリターンが得られたということになります。

また、最悪な年はFTSE100ではご存知のようにリーマン・ショック時の2008年に-28.33%、最も良かったのはその翌年の+27.33%ということです。これは想像がつきますよね。

次に、Brandeauxですが、最も悪かった年は2001年で+8.41%、最も良かったのは2008年で10.61%となっているようです。
Brandeauxの場合にはいつものグラフのようにほとんど右肩上がりのグラフですので、この結果も予想通りですね。

Brandeauxの場合には、安定したパフォーマンスが売りのファンドですが、そうだからとは言えリスクが無いわけではありません。最大のリスクは、学生が集まらないというリスクだと思われます。

また、リーマン・ショック時のように解約が殺到したりすると一時的に解約をストップするという流動性リスクも想定しておく必要があると思います。

投資家はこのあたりのリスクも想定した上での投資を心がけるべきだと思われます。

スポンサーサイト




カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する