FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2011/09«│ 2011/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2011/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
19:04:06
ロイターによりますと

『10月2日、ギリシャの2012年予算案によると、財政赤字の対GDP比率が、第2次支援策の前提とされた予想値よりも大幅に増加する見通しであることが明らかになった。ギリシャ政府が2日公表した2012年予算案によると、財政赤字の対国内総生産(GDP)比率が、第2次支援策の前提とされた予想値よりも大幅に増加する見通しであることが明らかになった。

内閣が2日承認した2012年予算案では、2011年の財政赤字が対GDP比で8.5%に達すると予想した。これは目標の7.6%を大幅に上回る水準。
2012年の財政赤字は目標の146億ユーロに収まると見込んでいるが、対GDP比率は6.8%と、目標の6.5%をやはり上回ると予想している。

ギリシャ財務省は「国家のメカニズムや国民が適切に行動すれば、最新の(2011年財政赤字の)対GDP比率見通しである8.5%は達成できるだろう」と述べた。

ギリシャが目標を達成できないのは分母となるGDPの縮小が理由で、政府が2日発表した見通しでは、2011年のGDPは5.5%減少すると見込まれている。政府筋は2012年のGDPについても2―2.5%減少すると予測している。

これらの予想は最近の国際通貨基金(IMF)による予測と同じ水準だが、7月に1090億ユーロ(1460億ドル)の第2次ギリシャ支援策を決めた際に用いられた予測は大幅に上回っている。
ギリシャが2011年の赤字目標を達成できない見通しとなったことは、今年必要になる経費を賄うだけでも20億ユーロ近い追加資金が必要になることを意味している。

ギリシャ政府は国際社会から追加融資を受けるため、過去2カ月の間に増税や公務員の賃金引き下げ、公的セクター労働者の削減策などを発表しているが、それでも赤字目標達成のためには不十分であることが明らかになった。』

ギリシャが2012年までの財政赤字目標が達成できない見通しとなったことでさらなる不透明感が世界を包んでいくような気がしております。

以前のブログでもお伝えしているように、統一通貨ユーロを採用しているために、通貨安による輸出産業の回復に期待ができないため、歳出削減策・増税に頼ることになります。当然、国民は負担が増えるわけで、お金を使わなくなるということになります。

そうなれば、自然と景気も悪くなり、税収悪化と共に企業の経済活動も停滞をしていくわけです。それにより、GDP(国内で新たに生産されたモノやサービスの付加価値の合計額)は下落していくという悪い流れになっています。

この悪い流れから脱却出来るかどうかが鍵でしょうけれど、自分としてはできないのではないかと思っているわけです。

スポンサーサイト




カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する