FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2011/10«│ 2011/11| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2011/12
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
13:19:46
近年、ロボット掃除機なるものが話題を呼んでおります。だいぶ前にも、エレクトロラックス社から出していたトリロバイトという商品がありましたが、22万円位する大変高価なものでした。価格からあまり売れずに、撤退したということを聞いたことがあります。その東芝からも新たなモデルが発売されたようです。

数年前に、米国iRobot社製のRoomba(ルンバ)というロボット掃除機を、セールス・オンデマンド株式会社が代理店となり、日本に正式に輸入され始めました。

ところが、その価格に驚いたのです。なんと日本での販売価格を90,000円程度に設定したからです。
自分はルンバ・ディスカバリーというモデルを並行輸入品を購入(39,000円程度だったと記憶)、現在も使用しております。今夏に並行輸入で500シリーズを購入しましたので、内外価格差を検証してみたいと思います。

まず、最新モデルの780を見てみましょう。左が米国仕様で、右側が日本仕様です。

780USA.jpg  780   Japan

基本的にモデル名も同じで写真を見る限りは同じ仕様であると思われます。米国では599.99ドル、それに対して日本では79,800円となっております。

これをどのレートで換算しているかということを見てみると79,800÷599.99=133.00となり、1ドル=133円計算で販売しているという事が分かりました。

本日のレート(1ドル=77円)で計算してみると、46,200円ということになります。結構な価格差がやはりありますよね。

AppleのMac Book Airの採用レートである84.88円で計算してみると50,927円となります。このくらいが許容出来る価格ではないかと思います。つまり、29,000円程度割高だということが分かりました。

次に、少し前までのメインモデルである500シリーズも販売をされています。
こちらも比較してみてみましょう。

先ほどと同じように左が米国仕様で、右側が日本仕様です。

530USA.jpg   537Japan.jpg

500シリーズというものですが、米国モデルは530、日本モデルは537と言います。なぜ、番号が違うのかというを日米でかなりの価格差があるために、モデルが違うために価格も違うというアピールをするためではないかと個人的には思っております。

この2つのモデルの違いは、日本仕様にあるルンバを持ち運ぶときに使用するという取っ手(日本仕様の写真の会社名の上にある馬蹄形の部分)とリモコン、クッションラバーだけだと思われます。自分はルンバ・ディスカバリーから使用していますが、リモコンも一度も使用したことがありませんし、クッションラバーはご希望ならホームセンターで手に入ると思います。

また、取っ手もあえて必要があるのでしょうか?
ディスカバリーの時のように全体を持ちあげれば、なんの問題もないのですね。価格差をごまかすためのものと思われます。それ以外のバーチャルウォールや充電器などは同じものがついてきます。

つまり、使用しないであろうリモコンはオプションにして、価格を抑えた米国の方法は賢明だと言えます。

では、価格差についてです。米国仕様は349.99ドル、日本仕様は59,800円となっています。少し前までは79,800円でしたが780発売を機に価格が下げられたと思われます。

先ほどと同じように59,800÷349.99=170.86円というとんでもないレート設定となります。59,800円でもこのレート換算ですから、79,800円の時にはとんでもないことだったのですね。

349.99ドルを本日のレート(1ドル=77円)で計算してみると、26,949円ということになります。

ルンバを購入した方はこれだけの価格差ではありません。消耗品の価格差もあるのです。下記はウィキペディアからの引用となります。

????潟?????罸?莠?

ここにも大きな価格差があることが分かります

ところで、ここからは自分の話になります。自分は2007年くらいから、並行輸入品のルンバ・ディスカバリーを使用してきました。調子は良いのですが、夏に気が向いて500シリーズを購入しました。

P1000002.jpg  P1000003.jpg

上記が今回購入したモデル530と右は今まで使用していたディスカバリーとなります。ディスカバリーはよく働いてくれたのでちょっと汚れが目立つかもしれません(笑)。

もちろん、今回も並行輸入です。写真でも分かりますように米国仕様の530になります。

並行輸入品の最大の欠点は、故障したときの修理を正規代理店で見てくれないという事だと思います。そのため、故障したときに修理もしてくれるという方から購入することにしました。

今回はヤフーオークションで26,500円で購入することが出来ました。内外価格差からみても問題ない購入価格です。もちろん、故障もなく本日も元気に動いてくれております。

ルンバを故障無く長持ちさせるコツは、普段のお手入れになります。自分は2回に1回はブラシなどを外し、髪の毛などをきれいにして、回転ブラシにも髪の毛が巻き付くことがありますので、それも除去しています。
そうしたお手入れが良かったのか、ディスカバリーも一度の故障も経験しておりません。

皆さんもうまく利用してお得な生活を送れるようにこれからも応援していきたいと思います。それこそが「じんの得する生活」だからです。

スポンサーサイト




カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する