FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2011/10«│ 2011/11| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2011/12
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
13:33:45
リーマン・ショック後に投資をしましたLM Managed Performance Fundですが久々に取り上げてみます。
このファンドに投資をしている方には、つい数日前にLMから一通のレターが届いたと思います。

主な内容は2つです。1つはカストディアンが新しくなるといったものです。
レターには新しいインフォメーション・メモランダムがダウンロード出来ると書いてあったので、ホームページを見てみました。

mpf_AUD_non_resident.jpg  mpf_AUD_non_resident2.jpg

そこで、ホームページを見たときに上記のファクト・シートを見つけましたのでご紹介することしました。以前にはなかったという記憶があります。

LMの場合、投資をした後は時々LMから来るレターやメール以外に、現時点の状況確認などがしにくい状況でした。少しでも新しい情報があればと思い、ご紹介することにしました。

主な内容の2つめは、今後ホームページにログインしてファンドの毎日のunit priceを確認できるようになるとも書いてあります。そうなれば、上記のような状況の改善が出来るものと思われます。

話は戻りファクトシートに目を移してみます。

右ページの右下のSector Diversificationという円グラフを見ますと分かりますように、商業施設(17.15%)や住居用施設(66.08%)、開発前の土地(11.53%)などへの投資をしているということが分かります。

右側のページ上部には過去10年間のパフォーマンスのグラフがあります。2001年1月を100,000 AUDとした場合の2011年11月のパフォーマンスを示しているようです。それによりますと230,190 AUDとなるようです。

平均年利が8.77%とのことで計算してみましたが、ほぼ同じ値でした。このグラフを見ますと以前からお伝えしてきたBrandeauxやEEAのグラフを思い出されるではないでしょうか。

LMに投資をなさっている方は、http://www.lmaustralia.com/を見てみると良いと思います。

スポンサーサイト




カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する