FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2011/11«│ 2011/12| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2012/01
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
11:31:26
Man AHL Diversified plc(ADP)の12月の成績が出たようです。
12月の成績は12/26のファイナルプライスが最終成績となると思われます。

12/28のデータも出ているのですが、年初来の成績が+1.0%となっており、12/26以降の計算となっているからです。

ということを踏まえて、今年の成績を見てみます。12/26のNAVが92.06、そして11/28のNAVが93.95ということでしたので、ADPの12月は-2.01%の下落となったようです。

次に、2011年を通じたADPを見てみます。2011年のADPの成績は-6.8%となり、設定来の2度目の年間通算成績でマイナスとなりました。しかも、その前のマイナスは一昨年となっております。

今年の9月末まではアップダウンはあったとは言え、プラスの数字を残していましたが、10月に-6.8%を記録するとマイナスに転じ、それ以降はプラスに再転換することなく2011年が終わったということになります。

また、NAV92.06は2008年の5月末にNAV92.29と近い数字があることが分かりました。つまり、2008年5月末に購入した人はこの3年半以上経過した現時点で、ほとんど利益がなかったということになります。

ブログで何度も書いてきましたが、明らかに2009年以降 AHLシステム(AHLだけではなく、多くのトレンドフォロー戦略のプログラムに言えることですが)がワークしなくなった(以前ほど)と言えます。

そうなると投資家は次なる戦略を考えなければなりません。

そこで、少し前にブログでは「想定ポートフォリオ」と題して、Dighton ASPを1/3、残り2/3を9%程度で運用可能な安定型ファンドとする案を提示しました。
しかしながら、ご存知のようにDightonが7月、8月の運用失敗から運用停止に追い込まれれてしまいました。(現在は運用再開されております)

いままで比較的順調であったDightonが運用停止に追い込まれたということは自分にとっても衝撃的なものでした。このブログを参考にDighton ASPに投資をされた方には申し訳ない気持ちです。

この反省を基に、「ボラティリティの少ない安定型のポートフォリオ」を考えてみたいと思っております。

スポンサーサイト




カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する