FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2011/12«│ 2012/01| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2012/02
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
12:00:53
本日はWinton Futures Fundの2011年を振り返ってみたいと思います。

ここのところMF系はほとんどのファンドで期待したパフォーマンスが出せていないために、「MF系の割合を減らしたほうが良いのではないか?」と書いてきましたが、そうなると「MF系ファンドはダメなのか?」とご心配される方がいらっしゃると思います。

MF系ファンドはポートフォリオに必要だと思っていますが、2008年までのようにポートフォリオの全部がMF系で、投資をしてじっとしていれば資産が増えていくという状況からは明らかに変化があるということです。

また、2011年はMF系のファンドのパフォーマンス傾向にも差が出てきました。
もちろん、各社プログラムが違うのでパフォーマンスに違いは見られるのですが、2008年まではプラス、2009年はマイナス、2010年はプラスといった流れは多くのファンドで共通していたのも事実です。

2011年はADPを含むAHL系やTulip、Super Fund、Palm、IQS、3A Trading Fundなどがマイナスになるのに対して、Winton Futures Fundはプラスで終わることが出来ました。

Winton 2011

上記がWintonの過去の成績の一覧表となります。2011年の12月は+1.66%(概算値)となり、2011年年間を通じたパフォーマンスは+6.31%(概算値)となっております。

これで年間を通じたマイナスは2009年のみという事になりました。
その2009年の下落も-4.63%と、下落幅としてはADPの-16.9%と比較すると十分に許容出来る範囲だと思います。

このようなパフォーマンスの違いはプラグラムの違いが産み出したものだと予想できます。ここのところトレンドの転換が短くなる傾向にありますので、それに伴いADPなどは短期トレンドフォローに対応するようにプログラムを変更したとも聞いております。それに対して、Wintonは長期トレンドフォローの戦略を守っているようなのです。

このあたりにポイントがあるのかもしれません。

以下は2011/02/28のブログからの引用になります。ご参考になれば幸いです。

Winton Futures Fund(以下 WFFとします)の運用者であるWinton Capital Management社(以下 ウィントン社)からWFFに関する情報がきました。この中で運用方法のポリシーみたいな部分もありますので、要約を載せてみますね。

ウィントン社の戦略は長期のトレンドを捉えていくという考え方だということが分かります。重要だと思われる部分には下線を引いておきました。

ウィントン社の戦略だけではなく、他のトレンドフォロー戦略のファンドに投資をしている方にもご参考になると思います。

**************************************************************************
  
少し前の話題になりますが、2009年のWFFは2月からの6ヶ月を含めて、12ヶ月中8ヶ月の損失を計上しており、特に6ヶ月連続の損失形状は過去最長の月間マイナスパフォーマンスとなっております。

2010年に入ってからも7ヶ月のうち3ヶ月で損失を計上しております。結果としてWFFは運用開始以来、2009年に初めて暦年ベースで損失を計上しました。

しかしながら、WFFのパフォーマンスを分析した結果、WFFの過去の収益分布から逸脱してはいないということは言えます。度重なる損失を耐え抜くのは非常に困難ですが、現時点では想定範囲に収まっています。

ウィントン社は試算上、10ヶ月のうち4ヶ月は損失を計上し、6年のうち1年はマイナスパフォーマンスとなることを想定しております。

また、ウィントン社の投資アプローチは過去の出来事に関する精緻な研究を基本としています。その研究によると、各個別システムまたはポートフォリオ全体が損失を計上することは特異なことではありません。

「ごく普通」のトレンドフォローシステムのシュミレーション結果によると、過去40年で回復に1年以上を要するドローダウンは6回あり、そのうち1回は回復に2年以上を要しています。

ウィントン社はトレンドフォロー戦略を用いている他のファンドが同じタイミングで、同じ方向の取引を行うことが頻繁にあることを理解しております。

同種の取引システムを用いた投資家による取引が、一定の取引に集中することは1987年の株式大暴落を深刻化させたことなどから幅広く認識されています。

WFFは同種戦略による集団的な取引に参加することが少なくなるよう、運用システムに幾つかの変更を加えております。

結果的に他のCTA(コモディティ・トレーディング・アドバイザー)ファンドよりも反応が遅れているように見える場合がありますが、これはより大きな動きを捉える方が安全であると判断しているためです。

WFFは、短期的に損失を計上するリスクを受け入れた方が、長期的にはより優れた結果をもたらすと考えています。

スポンサーサイト




カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する