FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2012/02«│ 2012/03| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2012/04
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
11:00:00
昨年の大震災から一年経過をしました。はや一年か、まだ一年かは人々の感じ方によって違いはあると思います。

昨年の大震災の原因は諸説あるようですが、事実としてあるのはM9の地震が起こり、それにより東北を始めとした日本に多大なる被害をもたらしたということです。
そしてそれが原因となり、原子力発電所の事故につながり、今後も悪い影響(ガンの増加、農作物・環境への影響)を及ぼし続けていくだろうということです。復興にも相当の時間がかかることが予想されます。

昨年の原発事故の際に政府が盛んに発していた「想定外」という言葉を覚えている方も多いと思います。

重大な事故での想定外はこれだけの被害をもたらすものだという事実を我々を身をもって体験しました。つまり、想定外を想定しておくことの重要性について勉強したのです。

つまり、「絶対大丈夫はない」という事実です。

これは普段から書いている投資の世界でも同じです。AAA債券であったサブプライムローン債券が無価値なったり、AAAのアリコやリーマンブラザーズが倒産したこともそうでした。

しかも投資の世界だけではなく、投資とは全く関係ないと思っていた東北・関東地方の人も同じだったのです。購入した家や自動車が津波により一瞬で消えたのです。

つまり、「きっと大丈夫だ」と思っていたものが、想定外の事実により瞬く間に消えるという現実です。これはAIJの問題にもつながります。年金基金がAIJからの運用報告書で、きっと大丈夫だと思っていたものがそうではありませんでした。

我々が「きっと大丈夫だ」と思っていることも、「そうではないかもしれない」という想定をしておく必要があると思います。

これからも様々な想定外が起こるだろうと予想しておりますので、皆さんも「絶対大丈夫はない」ということを肝に銘じて行動してもらえると幸いです。

スポンサーサイト




カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する