FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2012/02«│ 2012/03| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2012/04
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
13:02:50
なんとなく株価も上昇してきて、ユーロ危機が去ったような感をお持ちの方も多いかと思います。
自分の感覚では、あまり解決したという感じを持っていません。外国法国債保有者の問題如何では危機が再燃するのではないかとも思えます。ロイターによりますと、ギリシャが外国法国債保有者の債務交換期限を4月4日に再延長したようです。

『関係筋によると、ギリシャは外国法に基づく国債保有者の債務交換期限を4月4日に再延長した。延長は今回で2回目となる。

3月9日時点で、ギリシャは当該国債保有者の69%が民間部門関与(PSI)への参加で合意したと表明、交換期限を中央欧州時間(CET)で23日夜9時に延長していた。名目上のヘアカット(債務元本減免)率は53.5%で、この分を投資家は放棄することになる。

関係筋によると、債務交換に反対する向きが保有する銘柄の償還日が5月15日となっており、この日が実質的な債務交換の期限とみられ、ギリシャはそれまで期限延長を継続する可能性がある。当該銘柄は4億5000万ユーロ規模の変動利付債』とのことです。

また、3/18の日経ヴェリタスにも『ギリシャ「デフォルト第2幕」に警戒感』というコラムが出ていました。

??㏍??????激?

内容は読んで頂ければ分かりますが、米ピムコのCEOは「債務再編は、緊縮財政との合わせ技で政府債務残高を2020年時点で国内生産比120%以下に抑えるのが狙いだが、達成の可能性は低く、持続可能ではないと言っています。その後ギリシャが再び酸欠になるだろう」との見方です。

つまり、自分も同じ意見でギリシャも含めた欧州の債務問題は解決したというよりも、時間稼ぎをしている状況だと思っております。

外国法国債保有者の問題は、ひとまず4/4に期限を延長しましたが、今回はどうするのか?、5/15の償還日まで最延長するのか?、注視していきたいと表います。

スポンサーサイト




カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する