FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2012/03«│ 2012/04| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2012/05
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
13:52:41
日本経済新聞によりますと

『衆院議員やその家族が住む赤坂議員宿舎(東京都港区)の賃料が4月分から月額約8万4000円に改定され、約8000円安くなったことが12日、分かった。
賃料を決める衆院事務局は「建築年数が5年たち、国家公務員宿舎法に準じて引き下げた」と説明する。ただ、もともと都心の一等地としては格安との指摘があっただけに、批判も出そうだ。

赤坂宿舎は300戸あり、広さは82平方メートルの3LDK。2007年4月に入居が始まった。今回は政府が消費増税の理解を得るため「身を切る改革」を進めようとしている矢先で、タイミングの悪い値下げとなった。』とのことです。

衆院事務局は「建築年数が5年たち、国家公務員宿舎法に準じて引き下げた」と言っているようですが、これについて納得ができる国民がいるのでしょうか?

ネットで調べてみると以下の情報が出てきました。

http://www.allplus-chintai.com/estate/prev.cgi?kubun1=rent&kubun2=room&kno=0923004

議員宿舎と同じ港区赤坂2丁目の物件で、家具付き賃貸専門サイトからの物件となります。議員宿舎は82㎡・3LDKですが、この物件は84.31㎡・2LDKとなっているようです。45階建ての38階部分で、賃料は60万円となっています。

建築時期は2008年5月とのことですから約4年が経過しておりますが、5年が経過としたとする議員宿舎とは1年しか違いはありません。

こうしたことを加味しても、少なくとも赤坂議員宿舎周辺の賃料は同じ程度の条件で月50万円にはなると思われます。今までの賃料でさえ驚くほどの賃料設定だったにも関わらず、今回更に値下げをして8万4000円とは何でしょう・・・。

全く危機意識がないとはこのことだと思います。議員も官僚もこの程度の意識なのです。

スポンサーサイト




カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する