FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2012/04«│ 2012/05| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2012/06
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
12:22:13
昨日、訴訟対策ファンドの会社から「Litigation Funding」についての記事(the guardian)に関するメールが来ていました。これは自分だけでなく、既に投資家になった皆さんにも来ていると思います。

記事をご覧頂くには下記をクリックしてみてください。

http://www.guardian.co.uk/law/2012/may/25/litigation-funders-booming-market-uk?newsfeed=true

記事の一部をインターネット翻訳でご紹介します。ちょっと、あれっ?ていう翻訳部分もありますが、お許しいただけると幸いです。

Champerty used to be a crime. Now it is known as third-party litigation funding and has developed into an investment industry backed by up to £500m of investor cash looking for lucrative courtroom opportunities.

利益分配特約付訴訟援助はかつては犯罪でした。
今、それは第三者訴訟資金調達として知られており、有利な法廷機会を捜す投資者現金の£500mまでに支持された投資産業へ発展しました。


Both the obscure Anglo-Norman legal term and the modern business jargon describe the process of helping claimants pursue court cases in return for, it is hoped, a substantial slice of the eventual damages.

不明瞭なイングランドとノルマンディーの法定期限および現代の商業用語の両方は、請求者が代わりに訴訟事件を追求するのを助ける過程について記述します、のために、それは望まれます、本質的な1枚の最終的な損害賠償金。

This month the UK market leader, Harbour Litigation Funding, announced a tripling of available finances to £180m. The growth of London as a global legal centre – drawing in Russian and Middle Eastern disputes attracted by Britain's reputation for impartial justice – has multiplied the possibilities for investment.

今月、英マーケット・リーダー(ハーバーLitigation Funding)は、£180mに利用できる財源を3倍にすることを発表しました。 世界的な法律センターとしてのロンドンの成長 – 公平な正義という英国の評判によって引きつけられるロシアと中東の論争のスケッチ – 投資の可能性を増やしました。


この記事をみると訴訟対策ファンド(Litigation Funding)が一つの投資市場を形成しつつあるようです。数年前に初めて投資をした時には、こんな投資もあるのか?と思いましたが、段々と投資手法の一つとして認識されつつあるようです。


カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する