FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2012/04«│ 2012/05| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2012/06
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
10:05:49
ロイターによりますと

『格付け会社のフィッチ・レーティングスは17日、ギリシャの長期外貨建て・自国通貨建て発行体デフォルト格付け(IDR)を「Bマイナス」から「CCC」に引き下げた。ギリシャのユーロ圏離脱リスクが高まっているためと説明している。

フィッチは声明で、政権樹立の失敗は緊縮財政に対する国民および政治家の支持が欠如していることを裏付けていると指摘。財政再建策を堅持する新政権が樹立できなかった場合、ギリシャがユーロを離脱する「公算が大きい」との見解を示した。

また「政府による3月の債務再編を受けてギリシャのソブリン債務返済義務は比較的少額であるものの、同国がユーロを離脱した場合、民間部門およびユーロ建てソブリン債の広範なデフォルト(債務不履行)につながる可能性が高い」と指摘した。

3月の債務交換完了を受け、フィッチは大手格付け会社の中で最初にギリシャの格付けを引き上げ、「Bマイナス」とした。ただ、依然として重大かつ著しいデフォルトリスクが残るとの見方を示していた。

ムーディーズ・インベスターズ・サービスはギリシャの格付けを「C」、スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は「CCC」としている。』とのことです。

ただ、「ユーロの憂鬱」と題してこうした経緯になる可能性についても書いてきましたので、自分を始めとして驚く方は少ないと思います。
こうした状況は今後南欧の別の国にも波及して、将来的にはユーロからの脱退をする国が数カ国出てくることも想定しておくことが重要です。

そのため、ユーロ建てでの投資をしないように推奨してきました。今後も小康状態と危機感が繰り返し報道されていくと思います。

スポンサーサイト




カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する