FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2012/05«│ 2012/06| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2012/07
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
08:31:38
訴訟対策ファンドのケンタウルス・シリーズの新規募集の情報が入ってきました。前回募集のオーストラリア・シリーズ(The Australian Portfolio 2012)とは違い、CLシリーズ4の後釜といった位置づけのようです。

訴訟対策ファンドについて、初めての方はCLシリーズ4の勉強会まとめを読んでいただくと理解できると思いますが、簡単にまとめると『訴訟を起こしたい人に訴訟費用を融資するというスキームで、その費用を金利をつけて投資家が貸し出すというもの』です。

条件などもシリーズ4に近く、元本確保型でクーポン金利は年利12%、案件が勝訴した場合には成功ボーナスとしてその案件に投資配分されている金額の20%が得られます。

投資期間は3年で、2年経過以降に中途償還の可能性があります。
なお、原則的に中途解約ができません(6/6のブログに追加情報あり)ので投資する方は注意が必要です。

最低投資額は1口をGBP10,000、 USD15,000、 AUD15,000 として2口以上1口単位となります。
なお、通貨は1口ごとに選択可能です。つまり、GBP1口+USD1口=2口という構成もOKとのことです。

募集開始は6/4からで、GBP5,000,000に達した時点で募集終了となります。

ここからは自分の感想です。前回のオーストラリア・シリーズの条件が結構良かったものですから、少し物足りないという感じもします。また、今回の投資に関しては、既存投資家に有利な設定もありません。

一方、今まで訴訟対策ファンドに投資をしたことがない方にとっては既存投資家と同じ条件での募集となりますので、前回のオーストラリア案件のように既存投資家と新規投資家の条件が違ってくる場合に備えて、既存投資家になっておくためには、(前回のように)42,000ドル必要ではなく、30,000ドルでOKであるということも有利です。

そうした面からは今までに投資をしていない方、機会を逃した方に向いているのかもしれません。

スポンサーサイト




カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する