知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2012/06«│ 2012/07| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2012/08
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
12:43:49
ロイターによりますと
『スペイン経済は一段と景気後退(リセッション)に陥っている。国家統計局によると、第2・四半期の国内総生産(GDP)伸び率は前期比マイナス0.4%となった。前年比ではマイナス1.0%。前期比、前年比ともエコノミスト予想と一致した。

第1・四半期は前期比マイナス0.3%、前年比マイナス0.4%で、第2・四半期はマイナス幅がともに拡大した。

7月の消費者物価指数(速報値、CPI)は欧州連合(EU)基準で前年比2.2%上昇、コンセンサス予想の1.9%上昇を上回った。6月は1.8%上昇だった。政府が緊縮財政策をとっているため、医薬品価格が上昇したことがインフレ高進に寄与した。

エコノミストによると、9月に付加価値税が3%ポイント引き上げられることもあり、物価上昇がCPIに歪みを与えている。また内需鈍化でリセッションが深刻化している。インターマネー(マドリード)のエコノミストは、価格動向を適切に反映しているのはサービスセクターだとし、停滞あるいはデフレ圧力がサービス業にみられると指摘した。

スペインは第1・四半期に再度リセッション入りし、2013年まで続くとみられている。』
とのことです。

GDPの伸び率が低下していくようですと、今後の財政状況の悪化にもつながっていく懸念があります。といって、素晴らしい解決策があるわけでもありません。

ECBのドラギ総裁がユーロを守るという発言をしたことでなどを反映して、スペイン国債の金利が7%以下に下落をしたため、一時的には危機を回避できた状況になりました。

ただし、問題が解決した訳ではなく、近い将来再び問題が浮上してくることは間違いありません。
スポンサーサイト

カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。