FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2012/07«│ 2012/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2012/09
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
17:21:35
日経ヴェリタス

久々に「ユーロの憂鬱」と題してお伝えします。
今日ご紹介するのは2012.8.12に日経ヴェリタスに出ていた記事です。
『南欧、限界迫る緊縮策』というコラムを東短リサーチ取締役エコノミストである加藤出氏が書いているものです。

加藤氏によりますと「競争力格差と経常収支の不均衡を抱える欧州通貨統合には構造的な問題がある。南北格差の収斂は容易ではないが、ユーロの存続にとって本質的な課題だ」と述べております。

自分も以前から政治統合せず、通貨だけの統合であることがユーロの根本的な欠陥で、これを解決せずユーロ問題が解決することはないと思っておりますので、構造的な欠陥ということには共感できます。

また、『先日、アテネに出張時に多くの一般市民の疲弊した生活状況を聞き、ギリシャを支援するEU・欧州中央銀行(ECB)・IMFのトロイカが求める財政緊縮策は、限界に近いと実感した。

スペインもそうだが、失業率が20%を超え(25歳未満では50%超)ている状況で、緊縮策を進めれば、成長率のマイナス幅がより大きくなる。税収が不足すると更に緊縮策が強化されるという悪循環は危険である』と書いています。

まさしく実態はそのように推移してきており、ユーロ崩壊への足音が近づいているのかもしれません。
ユーロの維持には、ユーロ安の恩恵を受けたドイツがギリシャやスペインなどの危機国に資金を融資ではなく、譲渡するしか方法はないと思われますが、ドイツ国民の反対もあり実現しそうもありません。

この問題は、ずるずると引きずって行く気配が濃厚です。

スポンサーサイト




カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する