FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2012/09«│ 2012/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2012/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
13:02:27
Man AHL Diversified plc(ADP)の9月の成績が出ましたのでご報告します。9月24日が最終確定データとなります。
NAVは91.81となり、9月単月では+1.2%、年初来では-0.3%という結果になっております。

2009年にNAV103を記録してから、既に3年半以上が経過していますが、2008年以降にAHLに投資をした方のほとんどは、マイナスあるいはプラマイゼロという状況ではないでしょうか・・・。

3年保有していて利益が出ていないようなら、乗り換えを推奨します。
これはADPに限らずです。


このまま復活を期待して、ずるずると保有し続けるとMan AP(旧名称Man AP 2XL)のようになってしまう可能性がないとは言えません。AP-Cは2008年に-31.0%、2009年には-14.3%と下落しました。
2010年は+8.1%と少し復活しました。ここで保有している方の中には復活に期待した方もいらっしゃったのだと思います。

ところが、2011年には-17.4%の下落になり、今年も8月末時点で-2.1%となっています。9月の途中経過ではさらに下落をしています。

どうでしょう?見事に裏切られましたね。

APに関しても以前から解約推奨をしてきました。APを継続保有しているメリットを感じられなかったからです。何人かの方からはそれを受けて解約したとのご報告も頂きました。(自分も保有していましたが、大分前に解約したということはブログでも書きましたね)

同じような雰囲気をADPに感じ始めています。3年も保有していて、利益を生まないファンドを継続保有していくメリットを感じないのです。

なぜなら、訴訟対策ファンドのように元本確保型で15%の金利という商品や英国学生寮のファンドなどのように比較的コンスタントに8〜12%程度のリターンを継続している商品が存在するからです。

しかもこれらのビジネスファンドは、株式などの従来型金融商品との連動性も少なく、分散投資の対象としても悪くないと思います。一度乗り換えて、MF系ファンドの状況が良くなったら、再びMF系ファンドに資金を移すという考え方もあるのではないでしょうか。

スポンサーサイト




カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する