FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2012/09«│ 2012/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2012/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
13:22:57
日経ヴェリタス20121007

2012.10.7号の日経ヴェリタスに興味深いコラムがありましたのでご紹介します。題名は『200年の歴史が示す回復には23年』というもので、日経ヴェリタスの編集員がビンセント・ラインハート氏にインタビューしたものをまとめた記事となります。

ビンセント・ラインハート氏はFRBで金融政策局長などを歴任しており、現在は米モルガン・スタンレー チーフ米国エコノミストをされております。

記事の内容は見て頂ければ分かりますが、特に自分が興味深いと思ったのは「過大な債務を抱えた国の経済がどうなるのか、200年にわたりさかのぼって調べた研究成果」という部分です。まさに、日本が陥っている状況にあるからです。

それによりますと、発見は4つあったとのことです。
1つめは過剰債務自体はまれな現象で、過去200年で26の事例しかなかった。
2つめは、過剰債務に陥ると脱出までに時間がかかること。過剰債務からの脱出には23年あまり掛かる事例が多かった。
3つめはコストの高さ。過剰債務を抱えた期間はGDPを平均1.2ポイント押し下げる。
4つめは過剰債務が必ずしも金利に影響をする訳ではない。26の事例のうち11の事例では実質金利の大きな上昇は見られなかったとのことです。まさに、日本はこの事例に当てはまると思われます。

なぜ金利の大きな上昇が見られなかったかというと、政府は公的債務が膨らむとさらなる債務の引受けてを作り出そうと動くというのがその理由です。

エコノミストの中には「金利が低位安定しているから、日本国債は大丈夫だ」との論理を展開する人もいますが、上記の研究結果からはそうした金利水準だけで大丈夫という結論は危険なのかもしれません。

スポンサーサイト




カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する