FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2012/12«│ 2013/01| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2013/02
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
12:15:29
2008年までは絶好調だったと言っても良かったADP(Man AHL Diversified plc)が2009年以降全くと言って良いほど結果を残せなくなってしまいました。

2009年の初めに記録したNAV103というのを未だに越えられずにいることもご存知のとおりです。ただし、これはADPだけの現象ではなく、TulipやSuper Fundなどトレンドフォロー戦略のMF(Managed Futures)にある程度共通する傾向であるとも言えます。

そうした中で比較的結果を残しているWinton Futures Fundは他社とは若干違い長期トレンドに絞った戦略と近年では株式のロング・ショート戦略も組み合わせることでパフォーマンスの低下を防ごうということのようです。

それに対して、ADPやSFなどもプログラムの改善(短期のトレンドが捉えられるようなプログラムの変更)を行って来ましたが、結果としてはあまり効果があったとは言えない状況であるということは冒頭の記述からもお分かり頂けるかと思います。

そうなると我々投資家としても、次なるものを検討して行かなければならないということになります。

昨年夏にご紹介したSkandia Managed Futures Fundもその一つで、AHL戦略の"A"のマイケル・アダム氏と"L"のマーティン・ルイック氏が設立したAspect Capitalのプログラムを利用したトレンドフォロー戦略のMFファンドです。
しかしながら、昨年は残念なことに下記のような成績となっております。

Skandia_Managed_Futures_Fund_Factsheet_20130127094744.jpg

なんと6月以降は全てマイナスという結果で、年間パフォーマンスも-12.22%となってしまい、ブログで取り上げたものの、何かちょっと申し訳ない気持ちにもなっております。

そこで他によさそうなファンドはないかと思っていたところ、ある情報が入って来ました。(続く)

スポンサーサイト




カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する