FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2013/02«│ 2013/03| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2013/04
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
12:55:01
日経ヴェリタス20130303

2012年3月3日号の日経ヴェリタスに興味深い記事がありましたのでご紹介します。本題は「苦肉の円安政策 株価1万3000円も」とあり、副題はブログタイトルでもあります「円売り・日本株買いで話題のファンドがみるニッポン」という記事です。

これは米ダブルライン・キャピタルCEOのジェフリー・ガンドラック氏にインタビューした記事となります。

この中でガンドラック氏は以下のように述べております。
「紙幣の増刷は危ないゲームだ。財政の穴埋めが止まらなくなり、人々の行動が変わってしまったら、インフレの抑止は困難になる。
例えばもし、今の日本の財政状態で国債の調達金利が3%に跳ね上がれば、税収の大半を利払いに当てなければならなくなる」

「ただ、その前に日本には一定のインフレが必要だ。積み上がった債務を減らさなければならない」

「インフレの本質はスローモーションのデフォルトだ。年率7%のインフレが続けば、今の100円は10年後に半分の価値が目減りする。政府の実質的な債務負担も半分になるわけだ。
政治家は『額面の半分しか返済出来ません』なんてとても言えないが、インフレなら黙っていても同じ効果を得られる。安易な道だ。犠牲になるのは市民の購買力だ」

世界は日本の公的債務の返済は不可能で実質的にはインフレによる返済しか手はないのだと考えていると思われます。そうなれば、デフォルトを宣言しなくとも債務の合法的な削減ができます。
自分もこのシナリオの可能性が一番高いと思っています。

スポンサーサイト




カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する