FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2013/02«│ 2013/03| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2013/04
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
12:23:47
kijani fact sheet1

2013.2.04のブログでご紹介しましたKIJANI Commodity Fundの2月の成績が入って来ました。2月には取引が成立したようで+2.52%となっております。
そのため年初来も+3.11%と上昇して来ました。

このファンドの立て付けは、理解してしまえば単純で、取引が成立するか、しないかということに尽きるのです。

ファンドの詳細は過去のブログに記載していますが、一部の有象無象IFAは分かっていないのか、ファンドの内容を理解せずに紹介している例も見受けられます。
下記はその一例です。

このファンドは主に以下の2つの投資を行います。
・コモディティの現物(ロング)
・CTA

(中略)

CTAはコモディティの先物市場を売買するヘッジファンドです。
こちらはロングだけでなくショート(売り)もすることで、リスクヘッジをしながら両方向でリターンを目指します。

その結果がこちら。
2011年:38.87%、2012年;19.33%、2013年:0.59%(1月)


パフォーマンスを見ると明らかにKIJANIと一致しています。つまり、KIJANIを紹介している説明文と判断出来ます。
ただし、KIJANIはCTAでもなく、ショートポジションも取りません。

同ファンドは、ゴールドを安価に買う契約をして、精錬して、高く買ってくれる業者に販売するというものでしたね。(ここをご覧の方には釈迦に説法ですね)

明らかにファンドの立て付けを理解していないと思われます。

このようにファンド自体を良く理解していないIFAからアドバイスを受けると・・・結末は、推して知るべしです。
後悔先に立たずで、IFA(アドバイザー)選びも我々にとって重要ですね。

ところで、話はKIJANIに戻り、今まではゴールドのみの取引だったものが、新たなコモディティを取引するという情報が入って来ました。

スポンサーサイト




カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する