FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2013/02«│ 2013/03| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2013/04
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
12:40:06
ここまでを総括しますと、『今回比較したほとんどのファンドはプログラムが想定通り機能していない状態である』ということが分かりました。
その理由としては、リーマン・ショック後に投資環境が変わったことや、ADPのように成績が良かったファンドはライバルが増え、同じようなタイミングで各社が取引するようになり利益機会が減少したことが考えられます。

それに比べ、Wintonは比較的堅調な成績を維持していることが分かりました。
Wintonと他のMF系ファンドの大きな違いは、従来の戦略に加え、従来とは異なる戦略を加えてパフォーマンスの低下に対応しているかどうかだと考えられます。

今まで自分は、良いプログラムは比較的長期間機能すると考えてきましたが、今やそうではないということが分かりました。昨今の投資環境の変化からプログラムの小変更(取引タイミングの変更など)程度では対応できないということも明らかになりました。

なぜなら、各社ともパフォーマンスの悪化は十分に認識しており、取引タイミングのプログラム変更などは行ってきたからです。昨年出席したSuper Fundのセミナーでも「短期トレンドに対応したプログラムの変更を加えた」という案内があったことはブログでもご報告しました。それでも、結果は出ていないのです。

今回の検証結果から、我々が選択するべきファンドは、『投資環境の変化に応じて戦略に大胆な変更を加え、パフォーマンスを維持しているファンド』ということになります。もちろん、パフォーマンスを維持している間はその戦略を堅持することは当然です。

そして、プログラムは劣化していくという前提で、パフォーマンスが落ちてきた場合には積極的に乗り換えるという戦略が必要であるということです。(続く)

スポンサーサイト




カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する