FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2013/04«│ 2013/05| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2013/06
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
12:22:50
東洋経済2013.5.11

2013.5.11号の週刊東洋経済に野口悠紀雄氏の興味深い記事がありましたので、本日はこれを取り上げてみたいと思っております。

この春から日銀総裁が黒田氏に交代してから、アベノミクスの財政政策として「異次元緩和措置」が導入されました。
これにより、毎月7兆円もの長期国債を買い入れるということになります。
これは年換算すると84兆円となり、実に年間国債発行額の約7割という計算になるわけです。

財政拡大を行い、その財源を金融政策で用意するということで物価上昇2%を達成するという目論見だと思われます。問題はこれがうまくコントロールできるのかということです。イエール大学の浜田名誉教授は「日銀は今までもインフレコントロールをうまくしてきたのだから心配ない」という意見ですが、野口氏の意見は違うようです。

野口氏は今回の異次元緩和は、実質的な国債の日銀引き受けだ捉えております。

『今後財政インフレが予想されれば、キャピタルフライト(海外への資産逃避)が起こり、輸入インフレと円安の悪循環に陥れば、日本経済は破壊される。生き残れるのは、資産を日本から脱出させた人々だけだ。
財政インフレ政策にNOを表明するには、資産を日本から持ち出すことしかない。「日本を否定しないと生き残れない」というのは日本人にとって究極の悲劇である』とまとめております。

我々もこうしたインフレコントロールがうまくいかない場合のシナリオも頭の中に入れておく必要がありそうです。

スポンサーサイト




カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する