FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2013/06«│ 2013/07| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2013/08
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
12:25:43
東洋経済20130706

週刊東洋経済2013.7.6号に興味深い記事がありましたので、本日はこれを取り上げてみたいと思っています。大和総研の鈴木 準氏による寄稿となります。

タイトルは「財政破綻を回避するにはどれだけの改革が必要か」です。
政府はプライマリーバランスの黒字化に向けて、2020年度までと期限を決めて取り組んでいくようです。そうなると自ずから分かるのは、増税とコストカットが必要なってくることになります。

鈴木氏の改革プランですと2030年初頭にかけ消費税を20%に上げ、2036年以降は25%にするというものです。また、経済成長率は1%台前半という現実的な数字で試算しているようです。

しかしながら、それによってもプライマリーバランスの赤字は解消できないという試算結果となっています。そこで、”超改革シナリオ”というものを提言しています。それによりますと公的年金は所得還元率を40%にし、医療費負担はどの世代でも3割負担にするというものです。

この試算であれば黒字化をするようですが、一筋縄ではいかないと思われます。
逆に言えばこのくらいしなければ、赤字は解消できないというところまで来ているのも事実です。

自分としては、「後出し的な政策を出しつつも、そうした政策では財政再建はされず、徐々に財政危機の方向へ向かうのではないか」という想定をしています。
そうした想定をしておけば、想定が外れて破綻しなくても、それは最悪のシナリオではないからです。

スポンサーサイト




カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する