FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2013/07«│ 2013/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2013/09
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
12:38:17
日経ヴェリタス2013.0818

日経ヴェリタス2013.8.18号に興味深い記事がありましたので、本日はこれをご紹介することにします。
タイトルは『デトロイト市破綻の教訓』で、RPテック代表取締役の倉都康行氏の寄稿したコラムとなります。

持続不可能な公的年金・医療保険を長年放置してきた上に、失態を覆い隠そうとした官僚的な組織が実態を悪化させたとのことです。これはまるで日本の近い将来の姿かもしれません。

デトロイトの問題は世界的な連鎖破綻懸念が拡大する可能性が高くないとはいえ、我々日本人にとって重要な視点を提供してくれると言っています。デトロイト市も「維持不能な年金基金」が長期間に渡って「健全だ」と言われてきました。
これもまるで日本の年金問題と同じだと言えます。

また、年金同様に公的医療保険のコストも大きな赤字となっているようです。
こちらも超高齢化社会を迎える日本の近未来を現しているといっても過言でありません。

ところで、米国と違い日本では地方自治体の破産を認める法律がないそうです。
そのため、地方自治体の破綻が明らかになったとしても、事実上の債権者である公務員や投資家は保護されるが、市民は増税やサービス削減など一方的な負担増を強いられることになりかねないようです。

スポンサーサイト




カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する