FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2013/09«│ 2013/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2013/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
12:49:33
日経ヴェリタス20131006

日経ヴェリタス2013年10月6日号に興味深い記事がありましたので、本日はこれを取り上げてみたいと思っています。タイトルは『中銀の独立は歴史の知恵』というもので、BNPパリバの河野氏が寄稿した記事となります。

「積上った公的債務をいかに処理したら良いのか、デフォルトを除くと3つが考えられる。1)増税や歳出削減による財政調整、2)潜在成長率の向上による税収増、3)中央銀行が財政赤字を穴埋めするマネイタイゼーションによるインフレの醸成である。

上記の2に相当する潜在成長率を高めることは非常に重要だとしつつも、それにより公的債務を解決できるという幻想は早く捨て去るべきである。

潜在成長率を高めることが容易でないため、増税や歳出削減などの財政調整が進まないとすれば、結局、マネタイゼーションによるインフレ醸成に追い込まれる。」

河野氏は記事の中で「インフレ率を4〜5%で維持できれば、2030年度には公的債務の対GDP比を170〜190%程度まで引き下げることが出来る」とも述べていますが、はたしてその数字でうまくコントロール出来るのかという不安もあります。

「現在、先進各国の中央銀行は、戦時中でもないのに、政府に半ば組み入れられている。マネタイゼーションの誘惑を断ち、一国の経済社会を破壊する高率のインフレという災悪を遮断するための歴史の知恵が、独立した中央銀行制度である。
中央銀行制度を事実上骨抜きにする財政運営、金融政策運営には、相当に慎重であるべきだ」と締めくくっています。

スポンサーサイト




カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する