FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2013/09«│ 2013/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2013/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
12:50:28
日経ヴェリタス20131013

日経ヴェリタスに「米アマゾン、侮るべからず」という記事がありましたので本日はこれを取り上げてみたいと思います。
”アマゾンは利益率の最大化を目指しているわけではない”と書かれており、アマゾン・ドット・コムは最近ほとんど利益を出していないとのことです。

売上高1ドルに対して、営業利益は1セントに過ぎず、そうした低価格戦略にも関わらず、早急な増益を求められていないため、競合他社よりも安価な年会費や配送料無料のサービスの提供など、利益率を抑えながらも低価格路線を維持できているとのことです。

これは米国だけに限らず、日本でも同じような展開をしていると考えられます。

少し前に、池袋のヤマダ電機にフードプロセッサーを購入に行ったのですが、ヤマダ電機の店頭表示価格はアマゾンの価格と大きな隔たりがありました。

そこで、ダメもとでアマゾンの価格を提示してみたところ、PCで調べてそれよりさらに値引きをした金額を提示してくれました。そのため、ヤマダ電機で購入したという経緯があります。

ここに来て、そのヤマダ電機も2013年4月ー9月は営業利益が24億円の赤字、最終損益も42億円の赤字となっています。上記のような価格競争に加え、中国での展開の失敗、既存店の不振があると思います。

国内でも都内の大型店、新規店舗以外(地方の店舗に関しては分かりませんが)はあまりお客さんが入っておらず、戦略(ビジネスモデル)の練り直しが必要な時期に来ているのだと思われます。

スポンサーサイト




カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する