FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2013/10«│ 2013/11| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2013/12
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
10:56:30
ブログでもご紹介しましたが、11月15日の大宮の勉強会に参加してきました。
先日のブログでも多少の修正をさせて頂きましたが、新たな情報を入手しましたのでとても良かったです。

既存投資家の方も情報のアップデートのためには、積極的に勉強会に出席されることをお勧めします。

訴訟対策ファンド(アクセラレータ・ライツ2013)ですが、勉強会に出席するまではアクセラレータ4との並行募集になっていると思っていました。
ところが、勉強会での情報によりますと、既にアクセラレータ4は募集満額にならずに応募を終了したとのことでした。

これは、金利がアクセラレータ1の15%、3の12.95%から4では12%(9%+満期時3%)と減ってきたのが原因だと考えられます。

ところで今回の募集にあたり、自分が一番疑問に思っていた部分は、『最初のストラタム3から順調に投資家を増やしてきた訴訟対策ファンドが、なぜこれだけの条件を出して募集する必要があったのか?』ということです。

この疑問ついては、勉強会で明確な返事がありました。
『ここ最近でオーストラリアの有力な法律事務所と提携することが出来たため、案件がけっこうある。そのために、正直にお金が欲しい』とのことでした。
理由がここまではっきりしていると募集条件には納得です。

訴訟対策ファンドの基本的な立て付けに関しては、過去のブログに書いていますので、こちらを参考にしてください。
ここではライツ2013での特徴を中心に書いてみたいと思っています。

まず、今回の一番の特徴はオーストラリアン・ポートフォリオ以来の割引ボーナスの導入です。下記に既存投資家および新規投資家が50,000ドルを投資した場合のシュミレーションを表にしてみました。

ライツ2013

今回の勉強会で新たに分かったのは、50,000ドルを投資した既存投資家が満期時に57,500ドルになって返却されるのではなく、初期投資金額からアップリフトするということです。つまり、金利も57,500ドルに対して得られるということが判明しました。これは大きいですね。

そうなりますと満期ボーナスまで合わせた3年間の合計金額は28,200ドルとなり、投資金額の56.4%となります。56.4%÷3年=18.8%(年)となる計算ですね。新規投資家の方も16.5%(年)となります。 (続く)

スポンサーサイト




カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する