FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2013/12«│ 2014/01| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2014/02
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
12:19:09
虚構のアベノミクス

先日お伝えしました野口悠紀雄氏の別の本も読みました。
タイトルは『虚構のアベノミクス 株価は上がったが、給料は上がらない』というものです。270ページほどありますので、内容をご紹介するのは大変なのですが、印象に残った部分をご紹介します。

野口氏は講演会で地方にもよく行くそうです。そこで、地元の企業の方と話すことも多く、その人々は圧倒的に製造業が多く、何らかのかたちで大企業の系列になっている企業だとのことです。

そして、そこでの会話で強く感じるのは次の2つのことだと指摘しています。

『第一にこの人たちは、これまでやってきた事業を変える気持ちを全く持っていない。新しいビジネスモデルを始めようとも思わないし、ビジネスモデルを変更しようとも考えていない。これまでの事業を、これまでの形態で続けたいと望んでいる。

第二に、これらの人々の頭には、2004年〜2007年頃の記憶が残っている。
「あの時には輸出が伸びて、利益も増えた。その状況をもう一度再現して欲しい。」という幻想に取りつかれている。
この時の円安がバブルに過ぎず、したがって永続できるものではなかったという認識はない。また、シャープやパナソニックをはじめとして、現在の日本の電機産業の大赤字は、そのときの過大投資の後遺症であることも、理解されていない。』

『円安になれば全てが良くなるという幻想に応えて、安倍内閣は金融緩和策を拡大した。しかし、輸出量は増加しない。円安のため国内では電気料金が上がり、それに押されるかたちで生産拠点の海外移転が続く。親会社が移転してしまうので、系列部品メーカーの受注が減る。こうした変化を背景に、苦情は、「円高だからどうしようもない」から、「電気料金が上がるので大変だ」になってきた。

われわれは、いま、つぎのことをはっきりと認識する必要がある。
①これからの日本で、これまでと同じビジネスを同じように続けようとしても、できない。
②金融緩和と円安政策で日本経済を活性化することはできない。』


スポンサーサイト




カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する