FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2014/02«│ 2014/03| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2014/04
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
12:19:22
日経ヴェリタス

日経ヴェリタス2014.3.16に『オルタナティブ投資を展望する』という記事ありましたので、本日はこれを取り上げてみたいと思っています。

「機関投資家などの間でオルタナティブ(代替資産)投資への関心が高まっている。インフラ・ファンドではオーストラリア最大手のIFMインベスターズとマイクロファイナンス・ファンドでは業界最大手のブルーオーチャード(スイス)の最高経営責任者に、運用手法やリスク管理、今後の展望を聞いた。両氏とも、低金利の続く日本の投資家に取ってメリットが大きい、と指摘した。」

インフラ投資のために資金需要は多いのに、バーゼル3などの資金規制が強まっているために、銀行はその需要に必ずしも答えられないとのことです。ここにインフラファンドのチャンスがあるということになります。
以前、勉強会で取り上げたTCAファンドなども同様です。

次に、新興国の貧困層向け小口金融であるマイクロファイナンスに特化したファンドも面白い商品です。以前、ブログでもアフリカのマイクロファイナンスのファンドをご紹介したことがありました。

マイクロファイナンスのファンドは、安定的な運用利回りが期待できるのに加え、株式や債券等一般的な資産運用の相場変動と相関性が低いことも、分散投資を目指す我々に取って悪くない選択肢の一つではないでしょうか。

スポンサーサイト




カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する