FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2014/07«│ 2014/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2014/09
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
12:23:46
日経ヴェリタス

日経ヴェリタスにBNPパリバ証券の河野氏の寄稿した『脱・長期停滞 金融緩和は逆効果』がありましたので、本日はこれを取り上げてみたいと思います。

ここのところ各国の中央銀行関係者の間で、米国のサマーズ元財務長官が唱える「長期停滞論」が話題で、もしそれが本当であれば、金融政策や財政政策があまり効果がないと指摘しています。

実際にここ20年の日本も長期停滞といわれる状況で、日銀は黒田総裁以前にも金融緩和政策をしてきましたし、財政政策という名の公共事業もけっこうしてきました。お陰で目の飛び出るような借金大国になってしまいましたが・・・。

そうした政策を継続してきたにも関わらず、景気は回復してこなかったわけです。

『長期停滞に対して行うべき政策は、低下した自然利子率を引き上げる構造改革、つまり成長戦略の実行である。規制緩和で労働力や生産性を高めるという政策に尽きる』と氏は指摘しています。

自分も金融政策や財政政策だけでは、今の日本を立て直すこと(景気回復)は出来ないと思っている一人ですので、どのような成長戦略が出てくるのか、今の政府では大きな期待は出来ないと思いますが、注視していくつもりです。

スポンサーサイト




カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する