FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2014/10«│ 2014/11| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2014/12
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
12:42:44
日経ヴェリタス

日経ヴェリタス2014.11.2号に『日銀の賭け、解見えず』という記事がありましたので、本日はこれを取り上げてみたいと思っています。

日銀が世界中の予想に反して、追加緩和を決定しました。その額(年間)は、長期国債で+30兆円の80兆円、ETFは3倍の3兆円、そしてREITも同じく3倍の900億円となった模様です。

そして同日、GPIF(年金積立管理独立行政法人)の基本ポートフォリオも変更されました。GPIFの国債残高圧縮額が30兆円ですから、これを日銀が買い入れるという計算になります。

追加緩和策が発表されるやいなや、円安・株高が進行し、今日現在で日経平均は17,000円、円は1ドル115円付近となっています。

せっかく原油安でガソリン価格が下がってきたと思っていたら、円安進行でそれも打ち消しとなってしまいそうです。特に、これから冬を迎える東北地方や北海道の人たちにとって、灯油の価格が気になるところで、追加緩和による円安で価格上昇となれば、悲鳴が聞こえてくるのではないでしょうか。

日銀はこれで株高を演出し、「株が上がっているのだから、景気は回復傾向にある」と政府に増税を迫るということでしょうが、再三指摘していますように株高=景気回復ではありません。

日銀も政府も「金融政策では、景気回復はできない」ということを理解し、軌道を修正する必要があると思われます。

スポンサーサイト




カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する