知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2014/12«│ 2015/01| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2015/02
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
12:32:04
「20代〜50代のための中長期投資戦略」という視点でポートフォリオを考えてみたいと思います。今回の記事はある会合で、”20代〜50代のための老後資金の作り方”という話をする予定で、そのための草案も兼ねています。

20代から50代の方といいますと基本的にはリタイアメントまで10年以上残された方となります。こうした方々のための第一選択は「確定拠出年金」です。
「なぜ第一選択が確定拠出年金なのか?」といえば、掛金を全額税金控除でき、運用益も非課税、受け取るときにも税金控除があるからです。

投資商品を個人的に積み立てて、老後の資金にすることも悪くはないのですが、このような一般的な投資商品は税金の控除はありません。(NISAは別ですが、長期の投資には向いていないと考えています)
民間の個人年金保険も税金控除は微々たるものです。(←あまりお得ではない)

それに対し、確定拠出年金で投資をすれば、全額税金控除が受けられるのです。
これは使わない手はないと思いませんか?

*確定拠出年金というのは、確定しているのが掛金の額(変更することも可能)で、運用によって受取額が違うという年金です。それに対して、確定給付年金というのは受取額が決まっている年金です。

確定拠出年金では、定期預金など元本確保型の商品も選択可能ですが、日銀が「2%の継続的なインフレになるまで金融緩和をやる」と言っている以上、それに対する対抗策も考えておかないといけません。

2%のインフレ下で、金利0.3%の定期預金に入れておいたらどうでしょう。
毎年、実質-1.7%の目減りになるのです。デフレ時では最適だった預金戦略がインフレ時には通用しないのですね。そうなりますと今後は株式のようにインフレにも対応できる投資商品を選ぶ必要があるのです。

それでは、確定拠出年金ではどのような商品を選択したらよいのか?
自分の推奨は、安価な手数料の世界株Index ETFを積み立てるというものです。
世界全部に投資をするわけですから、分散効果も大きいのです。

そして、世界株ETFをベースに他の戦略の投資商品で補完するのが良いと思っています。(年金掛金以上は資金的に厳しいという方はこれだけでもOKです)

スポンサーサイト

カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する