FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2014/12«│ 2015/01| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2015/02
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
12:07:16
それでもアベノミクスは間違っている

週刊エコノミスト2015.1.6号に「それでもアベノミクスは間違っている」という記事がありましたので、本日はこれを取り上げてみたいと思います。

この記事の冒頭部分で「日本経済の現状を考えた場合、財政による内需拡大、円安による輸出増大という景気浮揚策は、必要な構造転換を遅らせるばかりだ」と指摘しています。

これは、先日ご紹介しました野口悠紀雄氏の「変わった世界 変わらない日本」でも、『古いタイプの産業を支えるために、金融緩和と円安政策がとられたからだ。つまり、本当に必要な構造改革は、産業構造の変革だったにもかかわらず、全く逆の経済政策がとられたのである。』と同様の表記がありました。

政権がやらなければならないことは、”旧来型の製造業”から、”生産性の高いサービス産業(IT関連サービス業や金融など)”を中心とした産業構造に変革することであり、それが出来なければ日本の将来はないと警告しています。

安倍政権誕生から2年経った今でも景気回復が実感できていないわけですから、安倍首相も「この道しかない」とか言っておらず素直に反省し、「別の道も探してみる」という柔軟な姿勢も必要だと思っています。

既に、10月末の日銀の追加緩和で出口戦略を検討できない(金融緩和を止めれば金利が上昇し、国債の利払い費が増大。国債価格の下落により、保有している生保や金融機関に影響が出る状況)領域に入ってしまっており、後戻りさえ難しいのでないかと考えています。

さらに、ここのところの原油価格の下落を理由に、2015年半ばに”更なる追加緩和”に追い込まれるのではないかと予想しています。

スポンサーサイト




カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する