FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2014/12«│ 2015/01| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2015/02
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
12:27:09
共同通信社によりますと
『政府は7日、近く決定する経済見通しで、2014年度の実質国内総生産(GDP)成長率予測を、前年度比で小幅のマイナスとする方針を固めた。マイナス成長はリーマン・ショック後の09年度以来、5年ぶり。消費税増税や円安による物価上昇で個人消費が低迷していることが主因で、昨年7月時点の予測(1.2%のプラス成長)から下方修正。マイナス幅は1%未満とする方向だ。』とのことです。

政府や御用メディアは連日のように「経済成長している」「景気回復している」という偽情報を流してきましたが、ここにきて嘘を突き通すことが出来なくなってきており、”現実を認めるしかない”という状況に追い込まれたようです。

このブログでは、以前から”アベノミクスでは景気回復しない”と指摘していますので、読者の方からすれば驚くべき内容ではないのですが、TVや新聞報道しか見てこなかった多くの国民は「騙された!」ということになるのだと思います。

これで、黒田バズーカ3(さらなる追加緩和)に突入するようなことになれば、どうなってしまうのでしょうか。

ところで、政府・日銀は「景気は着実に回復しています!」と国民に言うために、何かアピールできる指標が欲しいわけです。実際には上記ニュースのように成長率もマイナスですから、非常に都合が悪いわけです。

そうなりますと「株が上がったから、景気回復だ!」とやるしかないと思います。株は景気など回復していなくとも、売りよりも買いが多ければ上がりますので、日銀やGPIF(年金基金)の資金を大量につぎ込めば、ある程度相場は作れます。

となりますと、株価上昇を横目で見ているよりは、(投資家として)ある程度は流れに乗っていくというのも戦略の一つとして有りだと思っています。

日銀やGPIFは、日経225やJPX400を購入してきますので、押し目でこれらを購入し、2016年の前半くらいには売るという戦略も面白そうだと思っていますが、いかがでしょうか。

スポンサーサイト




カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する