FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2015/01«│ 2015/02| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 »2015/03
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
12:13:57
日経新聞によりますと
『総務省が17日発表した2014年の家計調査によると、総世帯の月平均の消費支出は25万1481円と、物価変動の影響を除いた実質で前年に比べて3.2%減少した。東日本大震災があった11年(1.7%減)以来3年ぶりのマイナスで、減少率は06年(3.5%減)以来8年ぶりの大きさだった。総世帯のうち2人以上の世帯の消費支出は2.9%減の29万1194円、単身世帯は2.4%減の16万2002円。昨年4月の消費増税に伴う駆け込み需要の反動減からの回復が遅れ、全世帯で消費が振るわなかった。

消費支出の内訳を見ると、外食などが落ち込んだ食料は2.2%減、住宅リフォームが不調だった住居は2.3%減、家庭用耐久財の減少が響いた家具・家事用品は2.5%減となった。幅広い品目で駆け込み反動の影響がみられた。

一方、総世帯のうち勤労者(サラリーマン)世帯の月平均の実収入は実質で3.2%減の46万8367円だった。名目では前年比横ばいだったが、消費者物価の上昇で手取り収入は減少した。』
とのことです。

これを見た正直な感想は「景気は回復していない」ということに尽きると思います。物価の上昇分に給料の上昇が追いついていかず、実際に使えるお金の額が減っているためです。これを何とかしない限り景気回復はありません。

家の近くにも庶民的なピザ屋さんがあるのですが、お店の方も「消費増税以降、子供がいる家族の来客がばったり減った」と言っています。このような事例が外食の減少を表しているのだと思っています。

先日の2014年10-12月期のGDP速報に、政府は「景気は回復傾向にある」というような趣旨の発表をしていますが、これも”だまし”であるということが分かります。この話の内容は後日したいと思います。

スポンサーサイト




カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する