FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2018/07«│ 2018/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2018/09
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
12:06:15
時事通信によりますと
『都道府県や政令市が2017年度に発売した宝くじの売上額が前年度比6.9%減の7866億円にとどまったことが13日、総務省のまとめで分かった。前年度を下回るのは2年連続で、1997年度以来、20年ぶりに7000億円台に落ち込んだ。2005年度の1兆1047億円をピークに売り上げの低下傾向に歯止めがかかっていない。』
とのことです。

ずいぶん前のブログでも取り上げましたが、久しぶりに宝くじの話題です。
橘玲氏によりますと「愚か者の税金とも言われている」との表現もありますように、理にかなわない投資案件です。その理由は、胴元(政府や自治体、銀行など)の取り分が多すぎるため、投資家(購入者)が絶対に損するためです。

胴元が55%も取れば、45%しか投資家に配分されない計算で、仮に100円を投資しますと45円になる投資案件です。これにきちんと気がついている人は買わないのでしょうけれど、一か八かのような投資家は夢を見て買うのでしょう。

ただ、その夢もだんだんと覚めてきたようで、上記記事のように買わない人が増えてきたのだと推測します。これはこれで良いことで、「55%だとダメなんだ」と胴元側に思わせる必要があるのです。

スポンサーサイト




カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する