FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2018/08«│ 2018/09| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2018/10
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
12:09:59
先週の記事になりますが、朝日新聞に下記のようなものがありました。
『派遣社員や家族約51万人が加入する「人材派遣健康保険組合」が21日、組合会を開き解散を決めた。加入者数は国内第2位の健保組合。企業と従業員が折半する保険料率が9.7%まで上昇し、負担を軽減するため。
健康保険組合の2017年度決算で、1394組合のうち、42%にあたる580組合が赤字だったことがわかった。前年度から39組合の増加。さらに12組合が解散したことなどを踏まえ、厚生労働省は国庫負担を増やす解散の広がりを防ごうと、財政支援に乗り出す方針だ。』


これは高齢者に対する医療費支払いが嵩み、保険料負担を上げざるを得なく、自分たちで保険組合を作っているメリットがなくなったため解散するというものです。2025年以降には、後期高齢者の割合が20%を超え、さらに保険料を負担する世代の人口減少も重なり、医療保険制度自体が成立しない状況がすぐそこまで迫っています。ただ、これは医療保険だけの問題ではなく、年金なども同じです。

スポンサーサイト

カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する