FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2018/12«│ 2019/01| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2019/02
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
09:24:56
新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

小山昇

年末に、小山 昇氏の著書『儲かりたいなら まずココから変えなさい!』を読みましたので、まとめを掲載しておこうと思います。小山氏は1989年に株式会社武蔵野の社長に就任すると同時に、700社以上の会員企業に経営指導をしています。

この中で、「潰れにくい会社」について言及していますが、これは「変化をする会社」だとしています。

赤字社長は、「最大の敵はライバル会社(競合他社)だと考えていますが、それは違っていて、経営にとって最大の敵は、「時代の変化」だと述べています。赤字社長は、「世の中は変わらない」「お客様は変わらない」「社員は変わらない」と思っていますが、時代は驚くようなスピードで変化しているとも指摘しています。

過去の成功大変を引きずり、変化ができない会社の行く末は、マーケットからの退場(=倒産)だと警告しています。速いスピードで変化しているこの時代にあって、「現状維持=後退」だと考えており、「変わらないこと」が不安定であり、「変わる=安定」だというわけです。社長が変わることができなければ、会社を変えることはできません。

また、武蔵野(小山氏の会社)が”やらない”と決めたことは、「一度売ったらおしまいのビジネス」および「ライバルがいないビジネス」だと述べています。

『ビジネスモデルには、大きく分けて「2つ」あります。「鉄砲」を売るビジネスモデルと、「弾」を売るビジネスモデルです。

・「鉄砲」を売るビジネスモデル・・・「鉄砲」の単価は高いが、一度手に入れたら、通常はしばらく購入しないから、次の購買に繋がりにくい。したがって、常に新規顧客を獲得しないと、売上が確保できない。

・「弾」を売るビジネスモデル・・・「弾」は消耗品で、単価は安い。しかし、鉄砲を買った人は必ず弾を使い、鉄砲を利用し続ける限り、補充する。したがって、同じお客さんに、同じ商品を、定期的に、繰り返し販売することができる。』

『ライバルがいないのは、「マーケットがない(お客様がいない)」からです。マーケットがない分野に進出するには、相当の力がないと(利益が出ていないと)不可能です。』


『成果が出ることは、
「他の人が成果を出しているが、自分はまだやっていないこと」
「他業界で常識でも、自分の業界ではまだ常識になっていないこと」です。』

最後に、”5年後から逆算して「今日の行動」を決めることが重要だ”と紹介しています。自分もこれはとても重要だと考えており、以前から実践しています。

『5年先の計画を立てるとは、「今日の行動を決める」ことです。長期事業計画を立て、計画から逆算して考えると、「未来」と「今」、「理想」と「現実」の差を知ることができます。そして、その差が発生した原因を考え、対策を講じることによって、会社の業績を伸ばすことができます。』

これは投資も同じで、「いつまでにいくらの資産を作る」と計画した場合に、”どれだけの投資を、いつからスタートし、どの程度のリターンで回せば良いのか?”が見えてくるわけです。このようなプランがないと目標達成はできません。

スポンサーサイト




カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する