FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2019/02«│ 2019/03| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2019/04
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
12:48:37
本日、中原圭介氏の講演会を聴いてきました。

米国経済ですが、大型減税と金融引き締め凍結で、2020年くらいまで景気後退は避けられそうとのことです。ただ、これが本当に良いことではないのは、通常の景気後退ではなく、大不況となる可能性が出てきたと述べていました。

上記の米国の状況に加え、中国の民間債務が対GDP比210%(政府も入れると260%)と大きくなっています。中国は構造改革か、バブル崩壊か、の二択しかなかったのですが、米国との貿易戦争で前者の選択ができなくなり、債務が増大しています。

そのため、世界経済は2020年~2021年までは何とか持ちこたえるでしょうけれど、債務の拡大が止まらず、リーマン級に近い大不況になることが予想されるとのことでした。

今後は株価が下落するでしょうから、株式を買う(ロング)のは控えた方が良さそうだとも紹介していました。22,000~23,000円でショートで行くのはありで、20,500円あたりを下回ったら利確ということが良さそうです。

NYダウも90%程度は下落する方向と予測していました。いまは現物株は避けた方が賢明とのことでした。大暴落をしたらETFなどを買い、年利30%程度で利確をするという戦略を推奨していました。

ただ、当面は見送りで、暴落待ちという戦略が良いと思います。

スポンサーサイト




カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する