FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2019/12«│ 2020/01| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2020/02
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
08:26:43
日経新聞によりますと
『長期固定金利型の住宅ローン「フラット35」の取り扱い最大手で、東証一部上場のアルヒ。投資用マンションへの融資をめぐる同社の仲介案件で、借り入れ希望者の審査資料が改ざんされていることが日本経済新聞の取材でわかった。年収や職業などが改ざんされた例は少なくとも10人以上にのぼり、その多くは年収300万円に満たない人だった。投資用不動産向け融資の根深い問題が改めて浮かび上がった。』とのことです。

本来、投資に適さないと思われる年収水準の人まで、書類を改ざんして不動産投資をさせている現状があるようです。以前にもスルガ銀行で発覚した書類改ざんと同類の問題だと思います。不動産は金融投資と違い、融資によるレバレッジが効かせられますので、投資資金が少ない人も参加できますが、逆レバレッジとなった場合、一気にサヨナラとなる可能性もあるのです。
こうした問題は、他の金融機関などでも発覚していくと思われます。

スポンサーサイト




カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する