FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2020/08«│ 2020/09| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2020/10
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
11:48:29
Traded Policies Fund

少し前に、Traded Policies Fundへの注意喚起をしたのを覚えていらっしゃるかと思います。
初めての方は2010.12.12のブログをご覧ください。

このファンドは少し怪しいのではないとかというお話をしました。

こうした時に参考になる方法の一つとしては、PPB経由で購入ができるのかどうかを確認してみるのも有効な手段だと思います。

*PPBとはラップ口座のようなものだとご理解下さい。RMBISとかFPIリザーブとかですね。

PPBで取り扱う場合には、独自のデューデリジェンスを行うため、我々のような一投資家が判断できるレベルの情報を超えたものがあると思っています。

そのため、PPBで取り扱いできないというファンドは要注意です。RMBISの場合には、取り扱い可能なファンドがリストになっておりますので、それ以外は取り扱いが出来ないのですが、FPIリザーブの場合には基本的にそうした制限がないのですね。

そういった意味からすれば、FPIリザーブで取り扱いが出来ないというのはちょっと注意だと思っております。

そしてここからが本題ですが、Traded Policies Fundについて聞いてみたところ、RMBIS、FPI両社ともに扱い不可能だという返事でした。独自に取り扱いを停止したIFAもいるというお話は以前もしましたよね。

両社ともに取り扱いをしないということはそれなりの怪しさがあると疑ったほうが賢明です。

もちろん、それでも「自分はこのファンドが大好きで、このファンドを信じたい」・・・という方にまで意見をするつもりはありません。(笑)

基本的に投資は自己責任の世界だからです。


スポンサーサイト





コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://jinblog.blog8.fc2.com/tb.php/1049-9bfbbf98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する