FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2020/08«│ 2020/09| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2020/10
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
20:40:01
前回には、ADPを中心にTulip、Dighton ASP、IQSなどのファンドの比較をしてみました。

さて、この特集(1)の最後の文章を思い出して下さい。

「ADPがSuper Fundのようになっちゃうのではないか?」という心配があるということでしたよね。

SFのようにというからには、SFのパフォーマンスも見ておく必要がありそうです。

自分が以前所有していたSuper Fund GCT(Quadriga GCT)のグラフも表示してみました。

ADP罸

紫で表示したのが、SF GCTになります。このグラフからも分かるようにブレ具合だけは立派ですが、パフォーマンスはぱっとしないということが分かると思います。

2010年の年末には少し戻してきてはおりますが、総じてADPの後塵を拝する形となっております。自分は2008年の春に解約したのですが、解約してよかったという結果になっているのが分かります。

こうしてグラフを見てみると、月毎のボラティリティを一番うまくコントロールしているのは、ADPであると言えると思います。ただし、ここのところのパフォーマンスに不満がないとは言えませんが・・・。

次に、IQSとDightonは安定感よりもパフォーマンスを求めているというのが分かりますし、その中間的な存在がTulipなのではないでしょうか。

(続く)

スポンサーサイト





コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://jinblog.blog8.fc2.com/tb.php/1064-93f6e151
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する