FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2020/08«│ 2020/09| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2020/10
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
12:34:50
昨日、Mansion Student Accomodation Fundのパフォーマンスをご紹介しました。本日は対比的にBrandeaux Student Accomodation Fundのデータをご紹介します。

Brandaux.jpg

上記のデータが4/30付けのBrandeaux Student Accomodation Fundの成績となります。

まだ、ファクトシートは入手できませんでしたので、いつもの嬉しくなるようなグラフは御覧いただけません(笑)

ところで、話は戻りますが、Last 12manths(過去12ヶ月)の成績はポンド建てが+9.64%、ドル建ては+7.84%となっているようです。

基本的に英国の学生寮ですので、この差は為替のコストということになります。信頼度と安定性が特徴のファンドです。

このファンドに関しては、ご紹介を始めて大分立ちますね・・・と過去に振り返ってみたら、2009年3月26日のブログに初めて登場しているようです。

自分の記憶によりますと2007-2008年くらいに注目をし始めたのですが、リーマンショックで募集停止になり、募集してないのにご紹介するのもおかしいと思い、再募集開始した後の2009年3月に登場しているという経緯です。

昨日ご紹介したMansionにするのか、安定性と信頼性のBrandeauxにするのか、我々投資家にとっても選択肢があるというのはありがたいことです。

スポンサーサイト





コメント
これは悩みますね。
超低ボラと信頼性では申し分ないBrandeauxにするか、歴史は浅く
多少ボラはあるが直接投資できるMansionにするか、悩みどころですね。
いずれにせよ、これらに投資するのであればリターンから考えて
ポンド建が良さそうな気がしますが、ポンドという通貨の信頼性は
どのようなものでしょうか?

たま│URL│2011/05/20(Fri)17:56:50│ 編集
Re: これは悩みますね。
ポンドはユーロと違い単一通貨ですので、消滅するという危険性はありません。少し前には250円という時代でしたので、現在の132円程度は十分に円高水準なのではないでしょうか。

最悪でもポンドで使用すれば良いだけです。そう考えられるかどうかですね。
ここから先は個人の判断だと思います。ただし、選択肢があるということが重要です。

じん│URL│2011/05/21(Sat)00:26:08│ 編集
なるほど。
確かにそのような考え方はできますね。
もう英国はユーロ加盟する可能性は無いのかも知れませんね。

たま│URL│2011/05/21(Sat)12:28:03│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://jinblog.blog8.fc2.com/tb.php/1177-a21e461b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する