FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2020/08«│ 2020/09| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2020/10
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
21:44:58
premier_brochure_1.jpg

FPI Premier (フレンズプロビデント・プレミア)の裏側へのご招待です。

といっても、FPIに関しては怪しい会社ということではありません。きちんとした会社だと思います。
ですので、今回のカテゴリも「怪しいファンド情報」に分類しておりません。

「なぜ、自分はこの商品をオススメしないのか?」というと手数料に問題あり(投資家にとってです)と思っているからです。

今回はその手数料体系について明らかにしていこうと思っております。この手数料体系が非常に複雑なのです。

投資家としては手数料がどうなっているのかということをきちんと知った上で、投資をするのかどうかを判断してもらいたいと思い書くことにしました。

また、我々が投資をすることでFPIからIFAにいくら入ってくるのかも明らかにしていこうと思っております。

多くのキャッシュバックがFPIからIFAに支払われているのに、それ以外にも手数料を顧客から徴収しているIFAもいるらしいです。

誤解のないように書きますと、キャッシュバック自体はIFAの正当な報酬としてもらうべきだと思います。ただし、自分の疑問点は、キャッシュバック収入をもらっているにも関わらず、もらっていることを顧客に告げずに顧客からも手数料を取っているIFAが多いのも事実なのです。

顧客からも手数料を徴収するのであれば、「キャッシュバックは◯円です。お客様からは◯円頂きますが、宜しいでしょうか?」と言うべきではないかと思うのです。

こうしたことを書くとIFAから嫌われそう(笑)ですが、投資家には真実を知る権利があると思うのです。

話は戻り、プレミア(Premier)について簡単にご説明していきます。(詳しくお知りになりたい方は、色々なブログでIFAが宣伝していますのでそちらをご覧ください)

プレミアというのはフレンズプロビデントというマン島の会社が募集している積立型の投資商品です。積立額と積立期間を最初に設定し、枠の中でファンドを一定額ずつ購入していくといった仕組みです。

ファンドは顧客が選択し、途中での乗り換えも可能です。一見良さそうですよね。

彼らの売り文句としては、ドルコスト平均法が利用出来る、ファンドが乗り換えられる、クレジットカードでファンドが購入できるということだと思います。

それでは、デメリットはないのでしょうか?

これからが本番です。多くのブログやIFAの紹介ページでは書かれていないプレミアの裏側を見に行きましょう。

(続く)

スポンサーサイト





コメント
プレミア
楽しみにタイトルですけど、じん様を攻撃するIFAが増えそうですね。
じん様のブログ大好きなので、この手の記事は敵を増やしてしまわないか心配です。
最後は、手数料は高いけど、長期間に投資することによって採算取れますぐらいのまとめておいた方が無難かもしれませんね。



香港個人投資家│URL│2011/05/24(Tue)22:39:04│ 編集
そう言えば
プレミアを積極的に勧めるIFAが世間に多いのは、彼らへの見返り(バックマージン)に狙いがあるという事なのですね。

たま│URL│2011/05/24(Tue)22:40:56│ 編集
Re: プレミア
あははは、そうですね。ご心配ありがとうございます。手数料体系を知ることで、投資検討中の皆さんに投資の判断にしてもらえると嬉しいのです。プレミアは始めてから直ぐにやめるとものすごい手数料を取られますから・・・。

じん│URL│2011/05/24(Tue)23:09:20│ 編集
バックマージンはお給料
このバックマージンが優秀なifa様たちの生活費をまかなうお給料であることも現実だと思いますよ。

私もキプロスかどこかのブローカのホームページで原価知りました。yield in reducitonみたいな表現で。
個人的には、投資家観点からも月20万円以上25年間できるひとは手数料負けしない気がしますし、優秀なifaが生活費としてとっていい最低限の手数料だとおもいますよ。

じん様のプレミアに対する考え方がとうなのか楽しみですけど、、敵増やさぬように控えめにおねがいします。(笑)
おやすみなさい!!

香港個人投資家│URL│2011/05/24(Tue)23:28:33│ 編集
Re: バックマージンはお給料
バックマージンが給料であることに反対ではないのです。彼らも慈善事業ではないのですから、正当な報酬としてもらう権利があると思います。ただし、投資家にそれを明らかにして欲しいのです。

では何が問題かというと、それを貰っていないふりをして、投資からさらに手数料を別途徴収しているIFAが日本国内には多いのです。

「それってどうなの?」というのが、自分の疑問点でもあるのです。

じん│URL│2011/05/24(Tue)23:38:36│ 編集
もうねます(笑)
私もあえて”優秀な”IFAさまと書いた
わけもJIN様が憂う現在の実情も承知しているからだと思います。
本ブログの読者層は、おそらくそういった方とかかわらずに、”優秀な”IFAの方とおつきあいをして、それでいてもっとよい投資先はないかと模索している方が多いと思います。
そういうマニア向けのプレミア活用法、手数料体系の実情暴露や、うまい利用法の情報発信楽しみにしております。(私も現在プレミア持ってませんが、JINさまのブログがきっかけでプレミアに投資したくなるような)

これから投資をはじめる投資家の方々ためにも、基本的なIFAの見分け方の区別を知るためにも、原価や現在の実情、支払ってもよい手数料とだめな手数料をJINさまのブログで知ることは大切だと思います。
過激になりすぎて”優秀な”IFAのかたがたの生活を圧迫してしまわないか心配です。また”優秀でない”IFAの中傷にあわないか心配です。
こういった問題で中傷さてこまっている知り合いのIFAがいる私の感想でした。

話はつきませんね。今度是非美味しいワインでも飲みながらゆっくり投資について語りましょうね。
私はワインとどちらかと言えばシャンパンのほうが好きですが。。。

香港個人投資家│URL│2011/05/25(Wed)00:21:52│ 編集
香港個人投資家の方に賛成です
いつも楽しく読ませてもらっています。このコメントのやり取りをみて少し私も意見させてもらいたいと思います。オフショア投資はなかなか情報が少ないなかでその入り口となるような情報は大歓迎です。アドバイザーとの付き合いがあっても違う角度の視点も大事だからです。ただ、香港投資家の方も触れていましたが、いわゆる暴露的な話はよいIFAにとってはとばっちりですし、去年あった問題なんかでIFAが表に出てこなくなってしまった現状を考えると、投資家にとっても悪い環境を作ってしまうと思います。結局はアドバイザーなしでは海外投資を続けることはできないですし。日本の投資家や一般の人のレベルは非常に低くて、ちょっとした詐欺的な話とオフショア投資を区別することもで気ない人も本当にたくさんいるので、今の少ない現状の中でそういう暴露話をすると、情報の受け取り方が偏ってしまうと思います。実際に過去のコメントをみると、なぜこのサイトの情報が正しい前提でコメントしてるの?と思う場面がしばしばありました。生命保険ファンドの説明のときにも感じたのですが、確証がない中でもしくはその情報源を明らかにしない中であそこまで確定的に話をするのは営業妨害に近い気がしますし、今はやりの風評被害と捉えられてもおかしくない流れを作りそうな気がします。なんの責任がないといってもこれは正しい情報発信ではない気がします。投資家のためにという言いかたをされていたので、一人の投資家としての意見です。そもそも手数料をとればとるほど悪いIFAであると歯思いませんし、結局のところお金を増やすのに寄与してくるアドバイザーであることが一番大切なことだと思いますのでそういう話が出てきたほうが、読者としても前向きに読める気がします。今後も楽しく読ましてもらいたいのでこういう投資家が知る必要もない裏事情の暴露が投資家にとって本当に正しいことか?ということを考えてもらいたい気がいます。

しん│URL│2011/05/25(Wed)02:21:27│ 編集
No title
バックマージンがあるのは当たり前だし、それをきちんと説明していれば、ここで何を書かれようとも痛くもかゆくもないはず。
それを、バージンをどうもらっているかを明らかにせぬことで投資化との利益相反が起こりうることを隠す行動をとるIFAがいるのは事実。
その実態を示すことが何が悪いのかさっぱりわかりません。風評被害? いやそれはIFAたちがきちんと情報公開をすれば避けられることですよ。

たく│URL│2011/05/25(Wed)07:55:37│ 編集
色々なご意見ありがとうございます
色々なご意見ありがとうございます。貴重なご意見として、今後のブログの参考にしていくようにします。

じん│URL│2011/05/25(Wed)09:15:05│ 編集
私の意見
活発な意見が色々と出てますね。
私の思いとしては、国内の規制が厳しいが故に投資家サイドは正しい情報を得られず、
その事で逆に怪しい悪徳IFAをのさばらせているような気がして仕方ないです。

たま│URL│2011/05/25(Wed)09:48:21│ 編集
香港個人投資家さんへ
香港個人投資家さんの言われるように、月20万円を25年間も払える方は相当裕福な方のように思います。
これだけ払わないと元を取れないような商品なのであれば、私はプレミアはやる気が起きません。

たま│URL│2011/05/25(Wed)09:56:44│ 編集
No title
>月20万円を25年間
こんなに支払わないと元が取れないのですか?

じんさん 詳しくお願い致します

1000$でプレミアしてますが
真相を知りたいですね

「プレミア
最低10年は継続してください
キャッシュバック?ボーナスが出ますので」と20万円ほど、現金で頂きました、この20万円も自分の足を食うタコ足だと思うのですが。

ヤマト│URL│2011/05/25(Wed)10:16:36│ 編集
No title
おもしろいやりとり。

>香港個人投資家さんの言われるように、月20万円を25年間も払える方は相当裕福な方のように思います。
これだけ払わないと元を取れないような商品なのであれば、私はプレミアはやる気が起きません。

>月20万円を25年間
こんなに支払わないと元が取れないのですか?

上の方がいってる風評被害パターンだねw
なんですぐのっかってくるのか?産地の野菜や魚買うのやめておいて義援金送ってるthe日本人w

収益の仕組みをわざわざ公開するなんて、ビジネス的にいえばあり得ないし、消費者にもよくないパターン。納得する納得しないの問題でもない。結婚してるんだから過去の男関係もすべて話をするのが当たり前?といっているかのよう。それで関係が変わってしまうこってことはない?物事進めるにはそういう要素が必要。まあ、知ったことではないが、そういう煽動されちゃってる意見(もしくは自作自演?)が時にいらっとくるから。




シンガポール投資家│URL│2011/05/25(Wed)11:10:22│ 編集
シンガポール投資家さんへ
あなたもプレミアを熱心に勧めてる一人ですかね?

ふみ│URL│2011/05/25(Wed)13:34:57│ 編集
No title
私のコメントで具体的な数字を出してしまったため、私の意図しない方向へ話が進み誤解を招いたことお詫び申し上げます。

企業活動におけるコスト分析では固定コストと変動コストがあり、規模の経済が働く、投下資本を増やすことで、コスト総額は高くなるかもしれませんが、コスト/投下資本の割合はやすくなりますすよね。
巨額の積立をすれば、コストの割合が減るといいたかっただす。 巨額の積立の一例を挙げて誤解をまねき、再度お詫び申し上げます。

貯金と一緒で、無理のない範囲で長期間が基本だと思います。


具体的な話は今後のJINさまのUPDATEに期待しましょう!


│URL│2011/05/25(Wed)14:06:34│ 編集
No title
FPの代理店は、個人でされてる方もいっぱいいて、
その中には、mixiなんかで接触してきて、
「バックマージンもらってます。キャッシュバックしますよ。」
って自分から言う人もいます。

オフショア投資=FPって感じで、私ももう少しで
GWに香港行って、HSBCの口座開設して…と、なりそうでした。
FPのメリットもデメリットも分からないまま投資を始めようとしてました。
それは、雰囲気に呑まれていただけだと思います。
ブログで多くの人たちがFPを始めているのを読むと、焦りました。

そんなとき、じんさんのブログに出会えて、気持ちを落ち着けることが出来ました。

いろんな情報はあったほうがいいと思います。
その情報を取捨選択するのは自分ですから…

コメントはあまりしませんが、じんさんのブログ、毎日拝見してます。
これからも、楽しみにしてます。

O次郎│URL│2011/05/25(Wed)15:53:39│ 編集
そう言えば
プレミアに絡んだネズミ講まであったという話しを聞いた事があるのですが、
それほどバックマージンに旨味があったという事ですかね。

たま│URL│2011/05/25(Wed)18:04:29│ 編集
No title
惚れた腫れたで結婚するわけでもなし、ましてや投資を行うのに利益相反がないかを調べるのは当たり前。そりゃまあ、無知な人間を転がして手数料の罠にはまらせ、そこからのバックマージンをがっぽりもらってナンボのIFAとしては、下手にネタをばらされるのは物事を進めるには不都合なことはよく分かりますが。
いや、前にもブログでFPI、FPI言っているIFAに接触とってみたら、いうわいうわ。
曰く、ボーナスが大きいので積立金を大きくしたほうがおとくですよ。後から減額もできますよ。エトセトラエトセトラ。
大体、自分のブログ上で将来日本が財政破綻しハイパーインフレだとか言っておきながら、中途での積み立て中断や減額が投資家の損害直結する超長期の外貨積み立て商品を売り込んでいるあたりがまったく持って意味不明ですな。

たく│URL│2011/05/25(Wed)21:15:53│ 編集
減額もダメ?
積立途中での解約に違約金を取られるのは知っていましたが、減額しても違約金のようなものが取られるのでしょうか?なら、踏んだり蹴ったりです。

たま│URL│2011/05/25(Wed)21:22:32│ 編集
No title
>>たまさん
初期ユニット18か月分に対してかかるパーセンテージの高い手数料があるのはご存知ですよね。
これがあるために、最初に設定される積み立て額から途中で減額すると、投資金額全体に対する手数料割合が跳ね上がっちゃうんですよ。FPIプレミアって、そういう時間的なリスクが非常に高い商品なんです。

あと、初期ユニットに対する手数料って、IFAが何かというと強調する初期ボーナスの部分にもかかるのかな。だとしたら結局意味ほとんどないんじゃないかって思うんだけど、実際どうなんでしょ。

たく│URL│2011/05/25(Wed)23:09:30│ 編集
ありがとうございます。
たくさん
親切に教えていただき、ありがとうございます。
何やら聞けば聞くほどプレミアが怪しい商品に思えてきました。

たま│URL│2011/05/25(Wed)23:25:03│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://jinblog.blog8.fc2.com/tb.php/1181-408b62d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する