FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2021/03«│ 2021/04| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2021/05
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
09:37:06
皆さん こんにちは。いつもブログを応援いただきありがとうございます。
短い夏休みを過ごしております。連日暑く、ビールの本数だけが行ってしまいますね。

幾つかの「地震の予知?ブログ」などによりますと、ここ1週間程度はどうも要注意のようです。
「地震が来るのかどうか?」は、自分にはそうした予知能力がありませんので分かりませんが、いつ来てもおかしくない状況であることは確かです。

昔から、「備えあれば憂いなし」ということが言われていたように、十分な備えをしておいて下さい。

ところで、話は変わり、日本の成長率が4月-6月は年率に換算して-1.3%とのことだそうです。経済大津波の予感にも感じたことを書いておりますが、数字にも表れてきたようです。

時を同じくして円高が進み、企業の海外移転も本格的になってきているようですので、こうした傾向は雇用の減少を生むと思われます。

一方で、全てが悪いことばかりではなく、円高により輸入品(原油なども)の価格が抑えられることや海外旅行に行かれる方は安価で行けるなどのメリットもあります。

このあたりは、我々が知恵を出してうまく利用していきたいものです。

さて投資に目を向けますと、今年はMF系のファンドの安定感がなく、パフォーマンスが安定しない状況です。
各社パフォーマンスは違いますが、なかなか2008年末のNAVを超えてどんどん・・・といった状況になっていないのも事実です。

こうした時には安定型のファンドに分散割合を多くするのが良いだろうということで、ブログでご紹介しているようにCentaur(ケンタウルス)やLMなどの安定型ファンドに投資をして分散割合の変更をしております。

今年の後半も何があるか分かりませんが、お体にお気を付けてお過ごし下さい。

スポンサーサイト





コメント
Re: 夏休みに想うこと
毎日、猛暑が続きますが電力不足もありなかなか気を使う夏休みとなりましたね。欧米の財政危機に端を発した異常な円高の流れには本当に振り回されてばかりです。今こそ、日本もリーマンショック以降に欧米諸国や中国、韓国などが行ったような通貨量を増やし大幅な金融緩和を行って震災復興に役立てるべきだと思います。慢性のデフレに苦しむ日本では、通貨量を少々増やしてもインフレにはならないと思いますし、円安に振れる事で株価も上昇し、産業の空洞化、消費の低迷にも歯止めが掛けられるように思います。今のタイミングでの増税だけは最低の愚策だと思うのですが…。

たま│URL│2011/08/15(Mon)11:28:46│ 編集
Re: Re: 夏休みに想うこと
自分も慢性デフレの日本では多少の通貨量を増やしても、インフレにならないと思っております。むしろ、今は円安に振れることで良い影響があるのではと思っています。民主党は当初の政策の要である議員の削減や公務員給料の20%削減はどこに行ってしまったのでしょうか?それを横において増税はないはずです。

じん│URL│2011/08/16(Tue)21:39:15│ 編集
やり切れませんね…
ペテンが身上の民主党はその辺りを忘却するのも早いみたいです(苦笑)
次期首相の本命、野田財務相は増税推進派のようですが、やり切れない思いの国民は多いように思います。

たま│URL│2011/08/17(Wed)12:27:00│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://jinblog.blog8.fc2.com/tb.php/1270-1700b812
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する