FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2021/01«│ 2021/02| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 »2021/03
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
14:12:15


Tulip Trend Fundの9月の成績が出ましたので、ご報告いたします。

MFトレンドフォロー戦略戦略のファンドは9月の成績が軒並み悪かったのですが、Tulipファンドは-5.48%となってしまいました。8月・9月と連続マイナスで、年初来の成績も-20.89%となりました。(Tulip D USD)

為替・農産物・金属で大きくマイナスを出しているようです。

ADPに関して「2011年の年間パフォーマンスがマイナスになってしまうことも予想できる」と書きましたが、このファンドに関しても同様の予測ができる状況にあります。

本格的なユーロ危機になれば、リーマン・ショック時に見せたようにMFトレンドフォロー戦略ファンドは強みを発揮できると思いますが、現在のような指標の上下動が頻繁に起こる相場は一番不得意としております。

今後もしばらくこの状況が継続すると予想し、現時点までに自分もMF系ファンドの保有高を半分程度に減らしました。トレンドフォロー戦略ファンドに適した環境が整ってきたときには、ポートフォリオを再考しようと思っております。

スポンサーサイト





コメント
厳しいですね…
MF系ファンド不調の中でもTulipは強烈に下げていますね。特に9月は為替の乱高下が大きかったのでTulipには厳しかったのかも知れません。さすがにこれだけ下げるとTulip保有者は心配になってきそうです…(>_<)

たま│URL│2011/10/05(Wed)20:18:33│ 編集
Re: 厳しいですね…
そうですね。9月は乱高下が大きかったのでどのMF系のファンドも苦しい状況だったと思われます。やはり、毎度おなじみの言葉になりますが、投資手法の分散も重要です。

じん│URL│2011/10/05(Wed)20:59:35│ 編集
今から4年前にTulipに投資していたら…
最近、下落が著しいTulipですが、今からちょうど4年前の2007年9月からTulip(USD建て)に投資を始めた方々の収益は日本円に換算したら、どの程度になっているのか算出してみました。過去の成績を見る限りでは、それでも大きな利益を出しているものと思っていましたが実際に算出して驚いたのですが、NAVの増加率36%に対して、為替損が-33%となり、日本円に換算すると4年間の投資でわずか3%程度の利益にしかなっていません。改めてTulipの不調と円高の凄まじさを再認識する結果になりました。

たま│URL│2011/10/06(Thu)10:06:40│ 編集
Tulipさらに下落…
下落が止まらないTulipですが、今月現在でも-6%超の下落で、年初来も-26%近くになってきました。ここまで下がると年末までに-30%超の可能性も十分に出てきましたね…。これでは保有者の方々は相当ヤキモキされているのではないでしょうか?(>_<)

たま│URL│2011/10/18(Tue)09:45:35│ 編集
No title
 じんさん、ご無沙汰です。いつも貴重な情報有難うございます。
 たまさん、いつも有益な情報を有難うございます。ともに参考にさせて頂き、感謝しております。
 当方もTULIPの豪ドルと円を所有していますが、一旦、キャッシュに戻す方向で検討中です。2年前に投資したので、現在は元本の約85%です。手数料を含めると80%ですね。これ以上、減価すると解約するのも精神的に辛いと考えています。TULIPを保有の皆さんはどのように考え、行動されているでしょうか?
 ちなみに、解約後はしばらく様子を伺いながら投資に適した時期になるのを待つ予定です。たぶん約1年間は再投資をしないように思います。

アジル│URL│2011/10/20(Thu)15:58:28│ 編集
アジルさんへ
こちらこそご無沙汰しております。MF系はどのファンドも軒並み厳しい状況となっているようです。春くらいから、自分もMF系のファンドのポートフォリオの割合を減じてきております。休むも相場と言いますから、一旦現金化して時期探るのも悪くないと思います。

じん│URL│2011/10/20(Thu)16:24:14│ 編集
Tulipの行方
数年前には国内でも一世を風靡して最低投資額の引き上げで歯ぎしりした投資家も多かったTulip Trend Fundがこのような悲惨な状況に陥るとは、その頃は夢にも思いませんでしたね。
近いうちに復活してくれるのであれば迷うことなく継続なのですが、このままの状況で数年経過してしまうと取り返しのつかない損失を被るわけで、投資家は判断に悩むところですよね。

たま│URL│2011/10/20(Thu)17:55:22│ 編集
ご意見ありがとうございます
 仁さん、たまさん、貴重なご意見ありがとうございます。
 とりあえず、元金化して、1年ぐらい再投入の時期を見極めます。ご両人の保有ファンドが良い方向に行くように祈っております。

PS.たまさんは関東方面の方ですか?私は50歳の関西在住です。もし、機会があれば3人でお会いして話ができれば面白うそうですね。今後とも、色々と情報交換ができれば有難く、何卒、宜しくお願い申し上げます。〆

アジル│URL│2011/10/22(Sat)06:02:29│ 編集
アジルさんへ
こちらこそ、よろしくお願いします。私も以前は、国内株や投信への投資を中心に行ってきた中で、海外ファンド(特にヘッジファンド)のパフォーマンスの高さに驚き、実際に投資を始めたのですが、最近は甘い幻想であった事に気づき始めた状態でもあります。その要因の一つはリーマンショック後の世界的な金融異変であり、もう一つは急激なスピードで進む円高です。私は日本で生涯を終えるつもりでいますので、最終的に円で利益を上げてこその投資だと思っています。いくら外貨で利益を上げても円にした時に減損していては意味が無いのです。海外ファンドについては、大部分のサイトがバックマージン狙いの海外積立投資を勧めるもの、箸にも棒にもかからない情報を垂れ流すもの、今のような状況でもMF系ファンドの過去実績を見せて年率複利で15%以上が狙える等ほとんど詐欺的な情報で勧誘するものなど、お世辞にも良心的と言えないサイトが多いだけに、じん様のサイトは非常に投資家サイドに立った実用的な情報を発信されている数少ないサイトかと思っています。これからの市況を睨みながら、ある程度、損失が大きくなるようであれば、私もアジルさんのようにファンド解約を検討せざるを得ないと考えています。そのような事にならない事を祈ってはいるのですが…(苦笑)

たま│URL│2011/10/22(Sat)12:58:47│ 編集
今後も宜しくお願いします
たまさん、御返事ありがとうございます。お返事、遅くなってごめんなさいです。
 本当にじんさんのサイトは温かみがあってすごく居心地が良いですね。今後も色々と情報交換を宜しくお願いします。
 後、以前、じんさんとのメール交換で認識したことですが、じんさんも私も、海外への展開を可能性として視野にいれています。たまさんも移住する必要はないですが、一時の避難場所として海外への展開も検討されるのも一考かもしれませんよ。おそらく私よりも資産をお持ちだと思いますので、今後の最悪の事態を考えると、リスク戦略として必要性は高いように思います。
 詳しい内容が必要でしたら、メールを下さいませ。じんさんが私のアドレスをご存じなので、お手数ですが、じんさんに当方のアドレスをご確認頂ければ幸いです。じんさん、お手数ですがお願いします。

アジル│URL│2011/10/26(Wed)14:10:39│ 編集
Re: 今後も宜しくお願いします
アジルさん、了解しました。たまさんからご連絡を頂いたらメールアドレスをお教えしておきますね。

じん│URL│2011/10/27(Thu)08:31:09│ 編集
ありがとうございます。
アジルさん、じんさん、ありがとうございます。今のところ将来の事は分かりませんが、実際に海外生活を始める為には家族の同意を得るのが最も難関だと思っています。もし、そのような機会になりましたら、ぜひ色々と教えて頂きたいと思います。ご親切にありがとうございます。

たま│URL│2011/10/27(Thu)21:46:30│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://jinblog.blog8.fc2.com/tb.php/1321-7bfb5fa6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する