FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2021/01«│ 2021/02| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 »2021/03
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
15:07:05
時事通信によりますと
『5日のニューヨーク株式相場は、ギリシャ債務危機が欧州金融システム不安につながるとの懸念が後退したことから大幅続伸し、優良株で構成するダウ工業株30種平均は前日終値比131.24ドル高の1万0939.95ドルで終わった。ハイテク株中心のナスダック総合指数は同55.69ポイント高の2460.51で終了。 ニューヨーク証券取引所の出来高は前日比4億6584万株減の11億9244万株。

 欧州連合(EU)加盟国の財務相が域内金融機関の資本増強に向けた対策を検討しているとの報を受け、市場でささやかれていた金融機関のシステミックリスク(連鎖的破綻)に対する懸念などが和らいだことから、投資家の間で買い安心感が広がった。ベルギー政府が経営危機に直面したフランス・ベルギー系金融大手デクシアの救済に乗り出したことも支援材料。』とのことです。

ただし、明るい材料がない中で市場が明るい材料を見つけて反応していると判断した方が良さそうです。つまり、来るべき欧州発の金融危機に備えて、FXや株式の手仕舞いなどをするきっかけにすると良いと思います。

どちらにしても、ギリシャのデフォルトは避けられないと思いますので、来るべき欧州発の金融危機が来ても万全な体制を今のうちに構築しておくことが重要だと思います。

スポンサーサイト





コメント
難しいところですね。
株は先日からの大きな下げで少々反発しようとも、大多数のホルダーは含み損が大き過ぎて、手仕舞いしようにも損切りには踏み切れないかも知れませんね。株に比べて流動性の低いファンドも同様で、なおさら解約までには踏み切れない投資家が多そうです。実際にリーマンのような金融危機が発生するのか、未来の事は分かりませんが、まだまだ長引く可能性のある世界的な財政問題に対して、いつまで投資から逃避すれば良いのか判断が難しいところですね…。

たま│URL│2011/10/06(Thu)15:39:18│ 編集
Re: 難しいところですね。
投資に関しての判断は投資家ご自身にお任せしたいと思います。含み損のある状況での損切りは難しいこともよくわかります。

じん│URL│2011/10/06(Thu)19:02:03│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://jinblog.blog8.fc2.com/tb.php/1322-be617814
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する