FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2021/01«│ 2021/02| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 »2021/03
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
09:02:27
EEA Fact Sheet Oct 201101 EEA Fact Sheet Oct 201102

EEA Life Settlements Fundの9/30のデータが出ました。
上記が9/30付けのファクトシートとなります。

ほとんどの人が選択するというClass X(無分配型・手数料後払いタイプ)のNAVはUSD Class Xで165.48となっています。年初来は+6.53%、この1年での成績は+8.60%となっているようです。

設定来の年間リターン平均は8.89%となっているようです。

このファンドのリスクは大量解約にあると思います。5%程度の解約には応じられる現金を保有していますが、リーマン・ショック時のような大量解約があると保険証券を他社に売らなければ、解約に対応することができません。

そうなると、満期を迎えていない(お亡くなりになっていない)死亡保険を他社に安価で売らなければならないのです。これはNAVの下落に直結いたします。

そのため、大量解約請求時には、パフォーマンスの悪化を回避するためファンド側から解約停止(ある程度の期間)が提示される可能性が高いのです。

この点も留意して、ライフセツルメント系のファンドに投資をすることが重要です。

スポンサーサイト





コメント
流動性リスク
ライフセツルメント系ファンドへの投資で最も留意しないといけないのは、流動性の問題ですね。依然、先行きが不透明な欧州の財政問題ですが、リーマンショックのような事態が発生した場合には、しばらく解約は出来ないものと覚悟した方が良さそうですね。あとは、その後の運用資金の減少にも注意を払って行きたい所です。

たま│URL│2011/10/24(Mon)09:32:52│ 編集
Re: 流動性リスク
リーマン・ショック時のようなことが再び起これば、一時的に解約停止になると思います。当時も解約停止にならなかったMF系のファンドと組み合わせると悪く無いと思います。流動性はMF系、安定性はEEAという感じでしょうか。

じん│URL│2011/10/24(Mon)18:15:58│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://jinblog.blog8.fc2.com/tb.php/1340-0da42c52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する