FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2020/08«│ 2020/09| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2020/10
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
12:49:39


IQS Fundの10月の成績を入手しましたのでご報告いたします。
ご想像のように10月は-6.57%で、年初来も48.31%という結果でした。それでも、昨年が+72.06%ですので、2010~2011では+23.75%という見方もできます。

ただ、「2009~2011ではどうなの?」と言われてしまうと+6.27%とプラスを保ってはいますが、ちょっと寂しい感じになってしまうのも事実です。

ご自身のポートフォリオがここ数年どのくらいのパフォーマンスを示しているか?
今一度、チェックしてみるとよいと思います。

ここ数年、ポートフォリオ全体のパフォーマンスが伸びていない、あるいは落ち込んできているといった方は、構成している投資商品がこのままで良いのか、今一度立ち止まって再検討しても良いのかもしれません。

スポンサーサイト





コメント
IQSは絶不調ですね。
今年のIQSはもう説明が不要なくらい著しく不調な状態ですね。ファクトシートを鵜呑みにすると、2010年が72%、2011年10月まで-48%で、まだプラスじゃないかと感じてしまいがちですが、冷静に基準価額で考えますと、2010年の年初からIQSに投資していたら、現在の基準価額は9割程度まで下がってしまっています。さらに超円高による為替損も加わるのですから泣きっ面に蜂とはこの事です。ボラの大きなファンドはファクトシートの表面上のパフォーマンスに騙されないように注意が必要ですね。

たま│URL│2011/11/07(Mon)14:42:14│ 編集
Re: IQSは絶不調ですね。
正確に言うと、72%上がって、48%下がるとこうなると思います。
1→1.72(1年後・72%の上昇)、2年目のNAVは1.72からスタートして、1.72→0.8944(2年後・48%
の下落)ということでこの2年間のトータルは約10.5%のマイナスとなります。
つまり、%の数字の推移だけをみてNAVもそうなると思うと違うということですね。

じん│URL│2011/11/07(Mon)17:45:42│ 編集
Re: IQSは絶不調ですね。
じん様、補足して頂きありがとうございます。(^^)
私が今回言いたかった事は、ボラの大きいファンドほどファクトシートのパフォーマンスとNAV(基準価額)の乖離が大きくなるという事なんです。50%上がって50%下がっても、50%下がって50%上がっても、いずれも元の状態(100%)には戻らず75%の状態にしかならないという事なんです。
IQSやTulipのようのボラの大きいファンドほど、このような毎月の減損が顕著な為、投資初心者はファクトシートの表面上のパフォーマンスに惑わされないように十分、注意する必要があると思っています。

たま│URL│2011/11/07(Mon)21:18:26│ 編集
Re: Re: IQSは絶不調ですね。
確かにその通りです。明日のブログに引用させてください。

じん│URL│2011/11/07(Mon)21:49:30│ 編集
Re: Re: IQSは絶不調ですね。
ぜひお願いします。(^^)

たま│URL│2011/11/07(Mon)22:09:17│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://jinblog.blog8.fc2.com/tb.php/1357-1c6341e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する