FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2020/08«│ 2020/09| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2020/10
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
12:45:24
日経ヴェリタス20120127

日経ヴェリタス(2013.1.27)にブログタイトルでもあります『財政再建「対岸」の問題ではない』(土居丈朗氏)という興味深い記事がありましたのでご紹介します。

記事によりますと安倍政権発足直後に補正予算を策定し、8.1兆円の追加国債発行をし、国債発行額も単年度で52兆円を超える水準となったようです。
その一方で、高齢者医療負担(70〜74歳)の割合を本来であれば適用するはずの2割に(現在は1割負担)することが出来るかどうかが一つの焦点となっているとも書かれています。

これは高まる医療費をどのように抑制していくかという取り組みの一つですが、政治家は高齢者の投票率が高いことから、高齢者に対する負担増を避けてきたという面もあるかと思います。
その分の負担は今後の世代にのしかかって来るわけで来る超高齢化社会に向けて国のあり方をどうして行くのかを議論するべきでもあります。

世界から見ますと日本の状況は、低負担・高福祉という部類に属し、それを低負担のままで行くのか、低福祉にするのか、という国会議論が必要です。
ただし、国会議員は選挙が一番ですから、このままずるずる行くのだろうというのが自分の予想ですが・・・・。

最後に、財政制度等審議会の建議では予算編成にあたり、「財政再建は決して国民一人ひとりにとって『対岸』の問題ではなく、身近な生活に直結した問題であり、国民は、巨額財政赤字が恒常化した我が国の税制の現状を、今一度直視しなければならない」と訴えております。

スポンサーサイト





コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://jinblog.blog8.fc2.com/tb.php/1835-c7d8b7cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する