FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2019/10«│ 2019/11| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2019/12
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
12:39:03


Tulip Trend Fundの4月の成績が入ってきましたのでご紹介します。
先日ADPの成績をお伝えしました時にも、今年はMF系ファンドにとってトレンドが掴みやすい市場環境になっているということに触れました。

そのため、各社ともトレンドフォロー戦略ファンドは好調に推移しております。Tulipもその例に漏れず、好成績をキープしております。
お伝えするのはいつものように、Tulip D USDとなります。

Tulip D USDの4月は+7.63%となり、年初来も+12.46%と、久々に悪くない数字をキープしております。ただし、昨年の前半→後半のような例もありますので、今後も動きを注視して行く必要がありそうです。

今月の利益に寄与した分野は、金利・株式・金属となっております。NYダウも15,000ドルという最高値を更新してきましたので、トレンドが掴み易い市場環境はもう少し継続しそうだと思っています。

今年の好調な成績推移からファンドサイズも2012.12月末の636mから、4月末には667mへと増えてきて、新規の投資資金の流入を伺わせます。

ところで、ここからは自らの考え方なのですが、ファンド投資は今までのように、”購入して長期間保有”という時代から、”中・短期間で利確して乗換”という時代に入りつつあると思っています。
うまく利益を出して資産を殖やしていって頂けたら嬉しいです。

スポンサーサイト





コメント
No title
こんにちは ”中・短期間で利確して乗換”は私も賛成です 学生寮ファンド系もやはり同じように考えていた方が良いのでしょうか よろしくお願い致します 

441R│URL│2013/05/08(Wed)10:53:09│ 編集
Re: No title
Brandeauxなどもかつては9.5%くらいの年利があったのです。それがここに来て7%に下落してきているのが気になるのです。もし6%台にまで落ちるようなことがあれば、ブログでも解約推奨としようと思っています。
訴訟対策ファンドの新シリーズが12.95%ですので、そちらの方が良いかと・・・。

じん│URL│2013/05/16(Thu)12:45:00│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://jinblog.blog8.fc2.com/tb.php/1919-1c852540
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する